2009年08月08日

今日の岐登牛山+ジャンプの飛距離換算のこと

 晴れまたは快晴、+16.9〜+28.7℃くらい。

 ちょっと早めに出かけた。朝靄の名残があって、木漏れ日がちょっとだけ滲んだ。が、まもなく解消。林間のキャンプ場は気持ちよさそう。芝地のサイトは暑苦しそう。
 きょうは12号線を滝川まで。「わ」ナンバーの多いこと。江部乙の道の駅は満杯状態だった。走行中も、結構な車列。


 岐登牛山の森(展望閣より下)は昼なお暗し。木漏れ日が見える。


 あずまやの屋根にも光が入る。


 ナナカマドは、紅葉の始まりか、それとも病葉か。


 が、明るいところはすっごく明るかった。岐登牛山は両極端が売りだとおもう。


 場所は変わるけれども休みがちのオニヤンマ。


 さて、ドイツのヒンターツァルテンでFISグランプリスキージャンプの個人第1戦の予選がおこなわれた。スペシャルジャンプでは岡部が予選落ち、他の選手は本戦進出。が、特記すべきは採点方法見直しの試行が始まっていること。風の影響を平等にすべく、と、なんかややこしい計算式を持ち出して、飛距離を換算するというもの。詳しくはさっぱり判らない。コンバインドの前半予備飛躍で加藤選手は最長不倒だったが、向かい風の好条件が響いて、10位に換算されたらしい。本人曰く、危険を感じて途中でやめたのだとか。あぶなくてももっと飛んでおかなければ、結果オーライにはならない。どれくらい飛べば一位になれるだろうという目安を持ってスタートを切れなくなったのではないだろうか。みていても、大ジャンプだからといって、喜んでもいられない。試行の後、どんなことになるのやら。
posted by take_it_easy at 20:40| Comment(0) | 岐登牛山+スキージャンプ

2009年03月27日

今日の岐登牛山

 晴れ、数回にわか雪、のちくもり。−2.6〜+0.7℃くらい。

 きょうは朝、早めに出かけてテンの姿を探したが、姿はおろか、足跡さえも見つけることが出来なかった。いつか遭遇するだろう、楽しみが増えた。


 テンを探していたら、スキー場の方にエゾリスの姿。雪の中から何かを取り出し、食べ始めた。こんなに開けた場所で、大丈夫かい?
 

 と、おもったら、頭上にも1頭。青空が広がる。


 展望閣への舗道は除雪されて、歩きやすくなっている。このあたりから右に逸れて、南端展望台までほぼ最短コースを辿ってみた。たまに股下まで沈むことがあるけれど、おおむね雪は締まって、快調。


 左手の東川市街は雪雲に覆われ、旭川市内方面はまだ晴れ。南端展望台から。
 

 南端展望台から夏道沿いに戻る途中、雪雲に捕まった。


 綿をちぎったような雪がしきりに落ちてくる。稲積神社神殿跡小ピークで。


 下りてきてスキー場を見上げると、子供達がおもいおもいにソリを引きずっている。

 スキージャンプ、所属が決まらず、辛いシーズンを乗り越えた伊東大貴と伊藤謙司郎がこの4月1日から雪印に入社することになったらしい。雪印の掲示板や報道メディアで伝えられた。まずはよかったよかった。土屋ホームからともに退社した元監督の木下さんの去就は不明。
posted by take_it_easy at 18:38| Comment(0) | 岐登牛山+スキージャンプ

2009年03月16日

今日の岐登牛山

 くもり。−1.0〜+4.3℃くらい。

 気温が上がって、足跡の跡を歩いても、雪の腰が抜けたように潜ってしまう。この時期、スノーシューが活躍する時期か。スキーで林間を下りるのはちと大変。ツボ足は楽しくない。


 家族旅行村ふだんの入り口あたりから見上げる。ケビン群の上に、左から展望閣、稲積神社神殿跡小ピーク、南端展望台がみえる。この風景を撮るのは始めて。どうも、高度感も距離感も実感とは違う。もっと高く、もっと遠いようにおもう。疲れ方からすると。


 今にも落ちそうで、身の安全より食べるほうが大事、のような気がする、見ていると。もちろんエゾリスにとっては危なっかしくも何ともないにちがいないのだけれど。
 

 ハシブトガラ。エゾヤマザクラの植林地で。
 

 だれかがシラカバ樹液を採取中、取り付けてまだ間がないのだろうか、溜まってはいなかった。盗み飲みしてやろうと思ったのだが、気をつけろ (えっ)。


 展望閣からスキー場に抜けたあたりから。今朝、出がけにスキーを持参しようか迷った、めんどくささが先に立ちやめたのだが、ここに立つと、後悔後悔。こんな大斜面、普通の山にはそうあるものではないから。ここをまっすぐ下りていったら、途中からテレマークのシュプールが2本分あった。

 スキーワールドカップでは、ベテラン葛西紀明ががんばっている。きのうの深夜(日本時間)、Vikersund (NOR)のFlying Hill(HS207、K185)でおこなわれた個人戦でも6位に入賞、前日の団体戦2本目ではヒルサイズを飛んで、気持ちよかったー、と言っていたらしい。伊東大貴、栃本翔平、湯本史寿も確実にWCポイントを獲得している。(この大会を湯本は棄権したようだが、どうして?)
 優勝したのは、個人戦はいつものSCHLIERENZAUER(AUT)、団体戦はいつものオーストリアチーム。シュリは団体戦2本目で224mを飛んで立てなかった。すぐに立ち上がって、「飛ばせすぎ、あぶないよ」との仕草をしたとかしなかったとか。
 次の2枚はMMC RTV (Slovenija)の実況画面からのキャプチャーです。個人戦2本目。

 シュリーレンツァウアー

 葛西紀明

 岡部孝信はフライイングヒルを回避して帰国、今週末に行われるシーズンファイナルに出場するらしい。引退するチームメイトの石澤 岳や山田いずみへのはなむけになる。岡部に加えて、東 輝や船木和喜もまだまだ続けるでしょう、きっと。

 ベテラン活躍と言えば、ネット将棋・女流最強戦で道産子ベテラン中井広恵が優勝したとか。よくはわからんけど、すごいなあ。
posted by take_it_easy at 18:37| Comment(0) | 岐登牛山+スキージャンプ

2009年03月10日

今日の岐登牛山

 くもり、ときどき雪または雨に近い雪。−3.5〜+1.7℃くらい。

 スキー場のふもと、パークゴルフ場に使われる場所では融雪促進剤を散布していた。スノーモービルの後から黒煙が上がるよう。冬から春への変わり目。
 林床の雪は硬くなって、時々は潜るけれども、表面を崩さずに歩くことが出来る場所もあった。冬から春への変わり目。
 遠くから、きのうのドラミングと同じようなドラミングが聞こえてきた。正体を確かめようと探してみた。見つけた。冬から春への変わり目。
 水気の多い雪が降ってきた。雪のつもりでいると、いつの間にか服がびっしょり。冬から春への変わり目。


 左下のあたりに光の点が見えるでしょう。ブラウン管モニタでも見えるはず。ドット欠けではありません。スノーモービルのヘッドライト。


 世俗を超えたような雰囲気、ドラミングを続けるアカゲラ♂。


 耳の毛やしっぽの毛が濡れて束になってきた、寒かろう、でも食べて食べて食べて、中から暖める。エゾリス。


 ウソ♀がいる林

 スキージャンプワールドカップ第28戦(個人戦、クォピオ(フィンランド) HS127、 K120)の、日本時間この深夜に予選が行われていて、湯本が125mを飛んで2位、免除組を含めても堂々の3位、日本選手は伊東、岡部、栃本、葛西、渡瀬と全員が予選通過。有力選手でも飛距離を伸ばせなかった選手がいるようで、どうやら、安定した進行条件ではなかったようだが、予選が成立しているのだから、それはそれ、けっこうなことだ。これからの深夜に本戦があるはず。たのしみ。LIVEを追っかける元気はないけど。
posted by take_it_easy at 18:30| Comment(4) | 岐登牛山+スキージャンプ

2009年03月09日

今日の岐登牛山

 はれ。おだやか。暑いくらい。−5.6〜+6.7℃くらい。

 きのうはキャンプ場あたりからたくさんの人が入山したようで、スノーシューの跡が縦横に着いていた。
 ツボ足で登ったが、稲積神社神殿跡小ピークで息切れ、引き返した。入れ替わりに、しっかり装備のおふたりが登って行かれた。スノーシューを履き南端展望台までは行きたいと。
 今日の雪なら、ツボ足よりはスキー、スキーよりはスノーシューだとおもった。
 そのお二人は、下の方でクマゲラを見たとか。話には聞くのだが、わたしは未だ邂逅できないでいる。登り始め、とおくでドラミングを聞いたのだが、確信もないし、ツボ足だし、で、確かめなかったが、あれがそうだったのかもしれない。そのかわり、ではないけれど、キバシリがすぐ近くに来た。いつも遠かったり、暗いところだったり、動き回るから、スッキリした写真が撮れていない。きょうはチャンスだった。チャンスだったけど、チャンスははずすもの。まあ、いままでのものよりはましだけど。


 じっとしてれば見つけられない、きっと。動き回るから気付く。


 この角度なら見つけられる。


 捕獲したムシを丸呑み。


 スノーシューのあとを駆け抜ける。脱兎のごとく。


 さて、オオアカゲラのいる林。

 スキージャンプWC第27戦は、風の影響で、ラージヒルからノーマルヒルに変更され、おこなわれた。それでも風に翻弄される進行のようだった。それでも、シュリが優勝、2位はアマンと、ランキングの1位、2位が占めた。日本選手では岡部が9位に食い込んだが、予選トップの葛西も伊東も湯本も栃本も2回目には進めなかったようだ。
posted by take_it_easy at 20:17| Comment(2) | 岐登牛山+スキージャンプ