2016年09月05日

大豆畑で見かけた雑草たち

 +19.2〜+28.8℃。
 岐登牛山に行こうとして、その途中、大豆畑で見慣れぬ大型草本が目に留まった。この畑は大変きれいに管理されている。が、あらためて眺めてみると、いろいろな雑草がちらほら見える。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 その大豆畑を背にすると、山の景色はこんな感じ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 イヌタデ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 イシミカワ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ソバカズラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アキノウナギツカミ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 はじめに目に留まった大型草本はこれ。ヨウシュヤマゴボウ(アメリカヤマゴボウ) (画像クリックで拡大)

おまけ
 「旭川野鳥情報へようこそ」に、トウネンがいた、との記事あり。トウネン撮って、当年とって○○歳だ、なんて書いてみようと思ったのだけれど、見つからなかったから、空振り。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コガモ飛ぶ。写ってるのは61羽。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コガモ回帰。写ってるのは43羽。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コガモ着水。写っているのは20羽強。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 飛ぶアオサギ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アオサギ、いち早く逃げて、がっかりさせてくれたはずなのに、わざわざ近づいてきて頭上を旋回していく。なんだか詐欺にあったような感じ。(ちょっと無理があるな。) (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 21:04| Comment(2) | 耕地雑草

2016年07月19日

水玉

 今日は雨に始まり、曇りで終わる。いや、晴れてきたかも。+17.1〜+22.7℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ナツツバキの花びらに水滴が着いている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コヌカグサの穂にも水滴は着いている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 小麦畑の一面に、水を撒いたかのように水滴が着いている。小麦の穎果もすっかり濡れる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 穂の下にはコヌカグサの茎葉がしっかり育つ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:45| Comment(2) | 耕地雑草

2015年07月22日

雨の日は

 きのうの降り始めから今(20:30)まで、およそ60mmくらい。ひどいところでの1時間降水量にも及ばないけれど、このあたりとしては結構降ったような気がする。玄関先のカワラナデシコやキキョウは花もろともべったり倒伏。+20.4〜+24.7℃。
 10日ほど前に撮った、あのお花畑のような秋まき小麦畑のその後の様子。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 この日はいいお天気だった。緑の帯は主にヒメジョオン。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾノギシギシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ブタナ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アメリカオニアザミ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オニノゲシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コヌカグサ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハルザキヤマガラシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 近くの大豆畑でイヌビエ (画像クリックで拡大)

 あすは朝日町三望台シャンツェで「第1回 クラレカップ ジュニアサマージャンプ朝日大会」がある。お天気は?
posted by take_it_easy at 20:51| Comment(2) | 耕地雑草

2015年07月01日

麦の雑草早わかりフォトブック

 きょうも日中はほぼ雨。岐登牛山詣では中止。+15.2〜+18.0℃。
 麦用除草剤「リベレーター」発売記念として「麦の雑草早わかりフォトブック」が刊行された。このブログでも何度か取り上げましたが、近郊でも、秋まき小麦畑には惨憺たる様子のところが散見されます。なんとかなりそうなのに、なんともならない、もどかしさ、みたいなものがこみ上げてきます。惜しみのない雑草防除の手立てをとらないと、いよいよひどいものになることうけ合い。
 作業機を働かせるにしても、手取りするにしても、除草剤を利用するにしても、効果を上げるためには、生えてきそうな雑草の種類を知ることが大事。そのために、いろいろな資料が刊行されています。年々、中身がより濃く、痒い所に手が届きそうになってきています。「麦の雑草早わかりフォトブック」は数ある類書の中でもおそらくトップクラスの便利さ。バイエルクロップサイエンス株式会社発行、全国農村教育協会制作。入手方法は、さて、農協あたりに聞くのがよいのかも。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 17:57| Comment(0) | 耕地雑草

2015年06月16日

暑い

 暑い夏日。+14.3〜+27.7℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キビタキ、さえずりを小休止。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミスジチョウ、枯れ木の枯れ枝に留まる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 この種は緑が抜けると白くなる、ような気がするが、それは杓子定規の考え、なのだとか。 (画像クリックで拡大)

小麦畑でのさばり始めているナタネタビラコ。春にも芽生える場合あり。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:29| Comment(2) | 耕地雑草