2019年11月27日

黒岩山

 本気の冬が来る前に、長靴登山を堪能さ。風は強く冷たかった。−4.6〜+5.6

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 行程の半分はこんな道。この先省略。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 あっという間に、って、あっと言うわけでもないけど、もうすぐ頂上。頂上だけ高度感あり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 本気の冬にはタッチできる標識。いまはまだ十分な積雪がないから届かない、背が低いとかいうことではなくてね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 天塩岳は見えていた。枝がかぶってしまう。本気の冬にはこの枝被りの上から展望できる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 同じ道を戻ってきた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 動物の気配なし、カラの類の声さえ聞こえなかった。どうしたわけだ。ど嘆いていたら、道路脇にキタキツネ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:14| Comment(0) | 東川近郊の低山

2019年11月22日

旭山

 きょうは眩しい1日。倉沼神社跡から旭山。薄い雪道を歩く。−5.0〜+4.9℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 林道入口 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 真新しい足跡あり、本体もあり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 山頂標識がやたら目立つ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ツルマサキは豊作、1羽のハシブトガラがついばんでいた。数羽のカラ類はこの下のヒマワリの種子に惹かれている様子。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アカゲラ♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ゴジュウカラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヤマガラ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:12| Comment(0) | 東川近郊の低山

2019年11月04日

黒岩山

 カラマツの植林地が優占する黒岩山の山麓。晩秋のこの時期、日が差すと黄金色に輝く。ここしばらく好天を望めそうもなく、時期を逃しそう、で、行ってきた。日が差すことはあまりなく、静謐、気分は晩秋。+2.6〜+8.1℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 地形図からは失われた道、まもなく地形からも失われるのかも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 道端からガサガサッ。ココロの静寂を破る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 この先、昨秋には倒木たくさんだったけど、邪魔にならない程度には整理されていた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 まもなく頂上 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオアカゲラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 フッキソウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 見えてる山は三角点岩山のある山、このまま林道を下がればまもなく終点。 (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 あれっ、もう戻ってたの。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ウスモンフユシャク。フユシャクの類は3シーズンも見かけることができなかった。その前は頻繁に多種を見かけていたから、なんか懐かしく、期待が膨らむ。ただし、視力は怪しいし、みんな似ているから、種分けは程々に、だ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:12| Comment(0) | 東川近郊の低山

2019年11月03日

旭山

 「なんでこんなさぶい日に来てもーたんやろ」「ほんまやな」、動物園でかわされていた会話。+2.0〜+8.1℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 日が差すこともあり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カラマツは臙脂色。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 動物園のシロフクロウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 チビのユキヒョウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 野生のゴジュウカラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ギンドロ幼木 (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 フクロウはペリットを残して退去した。小動物の骨と毛が見える。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 やや小振りのものも。さて、次に戻ってくるのはいつですか? (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 17:58| Comment(0) | 東川近郊の低山

2019年10月25日

旭山

 ほとんど日も差さず、寒々しい一日であった。倉沼神社裏からたどる紅葉はもうまもなく燃え尽きそう。+3.0〜+12.5℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 当麻市街の方を見る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 「春に会える丘」って、どういう意味なんだろうか? 秋景色の向こうのさらに向こうに春景色が見える? 春には愛しき人にきっと会えるよ? ここに佇めば、絶望の人生にもきっと春が来る? ここにいればお春さんに会えるよきっと? などなど、悩ましいなあ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2
 
 頂上の木立は落葉が進む。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 動物園のシロフクロウ、いつもは地面にいるところばかりを見ていたような気がするから、なんか新鮮だった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 時期には連雀が鈴なりになる木。実成りを確かめにいったら、たわわになってる。西口付近のエゾノコリンゴ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 3裂する葉が混じってる。エゾノコリンゴとズミとを区別する重要な形質だと覚えているけど違ったかな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 このハウチワカエデ、この1枚だけが残ってた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エナガ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:31| Comment(0) | 東川近郊の低山