2019年10月25日

旭山

 ほとんど日も差さず、寒々しい一日であった。倉沼神社裏からたどる紅葉はもうまもなく燃え尽きそう。+3.0〜+12.5℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 当麻市街の方を見る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 「春に会える丘」って、どういう意味なんだろうか? 秋景色の向こうのさらに向こうに春景色が見える? 春には愛しき人にきっと会えるよ? ここに佇めば、絶望の人生にもきっと春が来る? ここにいればお春さんに会えるよきっと? などなど、悩ましいなあ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2
 
 頂上の木立は落葉が進む。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 動物園のシロフクロウ、いつもは地面にいるところばかりを見ていたような気がするから、なんか新鮮だった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 時期には連雀が鈴なりになる木。実成りを確かめにいったら、たわわになってる。西口付近のエゾノコリンゴ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 3裂する葉が混じってる。エゾノコリンゴとズミとを区別する重要な形質だと覚えているけど違ったかな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 このハウチワカエデ、この1枚だけが残ってた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エナガ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:31| Comment(0) | 東川近郊の低山

2019年10月23日

鬼斗牛山

 濃霧が晴れて汗ばむ良い天気。紅葉の低山巡りで大わらわ。きょうは鬼斗牛(キトウシ)山へ。下山途中、年配のお三方と出くわした。わたしたちがこの山を守っている、とおっしゃっていた。なんとなくそんな気配のある山だ。+3.0〜+17.8℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 頂上から当麻市街方面を見る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 入山 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 頂稜の道で (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 頂上にあるツルウメモドキ、背景はコマユミ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 そのコマユミ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 一周りして、登山口に戻ってきた。山道をたどっている喜びを感じさせてくれる小さな山。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 帰途、水田跡にオオハクチョウ。若者も多数。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:23| Comment(0) | 東川近郊の低山

2019年10月14日

旭山

 ついに冬日来訪。そろそろタイヤ交換かなあ。−1.0〜+13.8

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 鬼斗牛山の山肌も秋色に。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アオジとカシラダカとが見つめ合う。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アカゲラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アオジ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カシラダカ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオアカゲラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 旭山頂上 (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 動物園のユキヒョウ、今年の7月19日に生まれた。視線の先に母親、母親の視線と交わる。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:09| Comment(0) | 東川近郊の低山

2019年09月30日

旭山

 暑いくらい。ついでに、ユキヒョウのチビ助が展示馴化中とか、で、あわよくばと動物園に見に行った。出待ちしているカメラマンによれば、朝から2回、ちらっと出てきた、とのこと。もちろんわたしの前には現れず。いつかはきっと。+12.1〜+24.3℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 なんとなく秋色濃くなる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 山道に入ってまずあらわれたのがこれ、ぶんぶんと大きな羽音をたてていた、でっかいオオスズメバチ。巣がどこにあるかわからんから怖い。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アカゲラ♀ (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 飛び去るつもりではなくて、ちょっと場所替えをしただけ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ナナカマド、今年は豊作? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 寝てる?起きてる? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 自分の居場所 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 首輪はありやなしや? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 通い合う (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:16| Comment(0) | 東川近郊の低山

2019年09月13日

倉沼神社跡から旭山

 朝方は寒かった。暑さで参っている本州方面の方々にお届けできればいいのにな。以前、「気象台のアンテナ」という歌があった、今もなくなったわけではないだろうけど。「気象台のアンテナは昭和基地まで偲びます。氷を飲みたいこの暑さ、送ってあげようと思います。」という歌詞。現状は逆だけど。(だいぶ前におなじような記事を書いたような気もするけど)+8.7〜+21.5℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 朝方は霧。小いっときの後には晴れ渡り。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アカゲラ♂、こんな細い木で、身を晒してくつろがなくても良さそうなもんだと、外野は思う。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 いつもは端折っているが今日は三角点まで足を伸ばしてみよう。すると、旧市民スキー場上部にこんなのができていた。展望所?休憩所? 春に会える丘、なんだか意味深だね。立派な看板とベンチとがあり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 その背後にある小振りの看板。小振りだけど、立派なもの。簡易展望台、これもなんだか意味深だね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 なななんと、三角点には立派な頂上標識。高さ2m近く。これなら積雪期でも埋まらない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 動物園に向かって下がっていくと、海底の丘、これはそのままだ。ベンチには2018.9.25と刻まれている。一年も前からあったのか、気づかなかったな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 そこから、春に会える丘の看板のある方を見上げる。見える季節は秋。この春というのは季節の春ではなさそう。いよいよ意味深。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 動物園のオオワシ、すぐ近くに止まっていた。 (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 小さなシギが水浴び、1羽ぽっちで。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:30| Comment(0) | 東川近郊の低山