2017年04月29日

嵐山で探鳥会

 嵐山付近のオサラッペ川に沿っての探鳥会にくっついて歩いた。この会にははじめての参加だった。今日は初心者向けのようだから行ってみたけど、皆さんベテラン揃いのようで、初心者には手がかりの少ないままに終わってしまった感じ。見かけた鳥種は計27種もあったとか。自分でわかったのはあれとそれとあれくらい。が、待望のカワセミをゆっくりと見ることができた。時々日も差して、背中のツートンカラーが美しかった。ちょっと遠かったけど。+6.1〜+15.3℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 スキージャンプ台跡。目を閉じると、眠たくなる、のではなくて、盛り上がっていた雪印杯がまぶたに浮かぶ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオルリ♂、今期はじめて見た。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カワセミ♀、対岸に、小さく小さくゴミだと見逃すほどの距離にいた。これに気づいたあなたはやっぱりえらい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 解散してのち、少しだけ散歩。エゾサンショウウオが産卵する水たまりにエゾノリュウキンカがせり出して咲いていた。 (画像クリックで拡大)

おまけ、歩き足りなくて、岐登牛山へ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カタクリ、ひと踏ん張りしている。。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 スギタニルリシジミ、翅が傷んできている、数日前には羽化していたようだ、気づかなかった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヤマガラが通り過ぎた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヤマゲラ♂は地面で、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 その近くに♀も。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:48| Comment(0) | 東川近郊の低山

2017年04月04日

旭山

 雪が浅くなっててさ、さらにフワフワに柔らかくなっててさ、足はすぐに地面に届いてさ、あまり抵抗を感じなかったさ。+2.4〜+10.5℃、とりあえず冬日を脱出したさ。数日続きそうだからさ、景色はかなり変わりそうださ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 途中で見たエゾヤナギ?♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ゴジュウカラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キタキツネ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾフクロウ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:10| Comment(4) | 東川近郊の低山

2017年03月26日

鬼斗牛山(キトウシ山)

 ピーカン、いっときくもり。日差しが強くて、上着を脱いだ。−5.7〜+5.5℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 旭川市東鷹栖にある鬼斗牛山(キトウシ山、三角山)へ。市民スキー場を直登から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 スキー場脇に立つエゾノバッコヤナギ、たくさんあった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 見晴台あたりから奥に続く尾根筋。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 そこは頂上、見晴らしは効きそうにない、と思わせといて。手前に林道が上がってきている。空の雲行きが怪しい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 頂上から。何年か前に大胆に伐採されて、すっかり展望の山になった。遠くに十勝岳連峰、中ほどは左から岐登牛山、甘水山(三角山)、右に行って旭山、手前は突哨山。 (画像クリックで拡大)

帰途、永山新川に立ち寄って、

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 みんな寝ていたのに、急に一斉に首を伸ばして様子をうかがう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 バタバタと水面を叩く音に驚いたようだった。この団体はナニに驚いたのか。 (画像クリックで拡大)

さらに帰途、融雪促進された田んぼで

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハクセキレイがいた。(コハクチョウ+アメリカコハクチョウ)÷2みたいなヤツと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キタキツネもハクチョウも、互いに関わり合いのないことで、かどうかはわからないけど。 (画像クリックで拡大)

さらに帰途、岐登牛山で

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カタクリ抽苔はじまる (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:20| Comment(2) | 東川近郊の低山

2017年03月20日

車の窓を開いて走る

 まるで初夏のような陽気に感じるほど。窓を閉じると暑い、開いて走るとちょうどよい、衣服が真冬と同じだし。−4.8〜+6.8℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 暑寒別の山が意外と近くに見える。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 青々とした空にはオジロワシの若者が悠然。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ゴジュウカラ敏捷 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾフクロウ泰然 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヒガラ一閃 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キツネ巡回 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:06| Comment(2) | 東川近郊の低山

2017年03月13日

すっきり晴れた

 雪の林道で、日当たりの良いところではガリガリに凍りつき、日陰のところでは柔らかい積雪。出足は日陰気味のところから、スキーにすればよかったな、と後悔、まもなく日当たりの良いところに来て、スキーじゃちと辛かったかな、などと繰り返し繰り言を思い浮かべつつ、そして、帰りに使った北西に向かう尾根筋では、やっぱしスキーにすればよかったな、と、そんな能天気なお天気の山歩きだった。−13.0〜+1.5℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 今冬3回目にして、やっと開けた景色を堪能できた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハシブトガラ、遠くから徐々に近づいてきて、さっと離れて行ってしまった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾリス、この足跡の先端にいるはずだけど、先端はずっと先。案外、近くにいたのかもしれないけれど。(凸凹異様) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 遠くからドラミングの音が聞こえてきた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 まるでクマタカ幼鳥のような声を出して飛んで来た。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 逆光じゃないか。で、飛んで行ったあっちの方から、やはりクマタカ幼鳥のような声が聞こえてきた。ところで、クマタカ幼鳥の声ってどんなだっけか? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミズナラ巨木(通称、森の大長老)。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 まるで梅の花が咲いたみたいだ。ツルウメモドキの残存果皮 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 トドマツ(が牙を剥く)、下を通るのは危険。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 氷柱と氷筍?とカワガラスと。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:31| Comment(0) | 東川近郊の低山