2016年08月18日

迸る

 この台風の雨で、数日前には干上がっていた(私称)ユコピの滝はどうなってるだろうか。+20.1〜+29.3℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾアジサイの咲く、苔むした崖に開かれた道を通って、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 あの柱状節理の絶壁をながめつつ辿り着いたユコピの滝は、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 融雪期を髣髴とさせる、いやそれ以上の迫力。これでは修験者も躊躇するだろう、修験者がいるわけではないけどね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カラハナソウ♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 忠別ダムの吐水もダイナミック、虹が架かり、イワツバメが飛ぶ。 (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 モントガリバ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハイイロキノコヨトウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コムラサキ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:09| Comment(2) | 忠別川

2016年08月14日

飛沫を浴びに

 クソ暑い、ユコピの滝の飛沫を浴びに行く。 +16.7〜+31.0℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ピウケナイ川は迸る。水は少なめ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 柱状節理の岸壁の底を流れる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ないっ。なにが? 滝が、飛沫が。勇駒別川が涸れている。天女が原からずっと涸れてるのだろうか。代わりに汗が飛沫となった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾアジサイ。エゾオオマルハナバチ(たぶん)が行ったり来たり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 その近く、暗いところにビロードナミシャク。この幼虫はヤマアジサイの葉を食べて育つとか。エゾアジサイとヤマアジサイとの関係やいかに。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 シロスジキノコヨトウ。胸背部に毛だか触覚だかが束になって隆起している。鳥たちと同じようにニンゲンを威嚇してるのか、と思ったが、違うようで、立てているのではなくて隆起しているのだそうな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ウススジオオシロヒメシャク。この名前、覚えにくい。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:24| Comment(0) | 忠別川

2016年08月03日

涼しい

 連日の真夏日、でも涼しい、滝の飛沫と渓の日陰と。+22.1〜+31.0℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 思ったほどの水量はなかった。このところの大雨で嵩が増してるかと思ったが、すでに落ち着いてきているのかも。ピウケナイ川も濁っていないし。(私称)ユコピの滝で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミヤマカラスアゲハ♂、滝の飛沫を飲んでいる、もとい、飛沫で溜まった水を飲んでいる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ポンピングしながら。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 中洲になった岩の上にある赤い物体を撮ったら、キセキレイが2羽、写ってた。赤い物体は何? 今まで気づいてなかった、あったのだろうか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カワガラス (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 そこにもう1羽、幼鳥かも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 幼鳥だ、多分。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 旭岳源水への木道にコエゾゼミが1頭、のっしのっしと歩いてた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 車の中にトンボが1頭、飛び込んできた。逃げないようにドアを閉めて。もちろんそのあとドアは開放、すぐに出て行った。タカネトンボ♂ (画像クリックで拡大)

 ポン化雲から天人峡への下り道で、大学生がひとり死亡。報道だけの情報からだと、なんか滅入るなあ。
posted by take_it_easy at 20:08| Comment(4) | 忠別川

2016年07月24日

私称ユコピの滝へ納涼に

 滝の水は少なくて、あまり涼しげでもなかった。真夏日一歩手前。+16.0〜+29.8℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オニノヤガラ、川はピウケナイ川。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヤマブキショウマに絡め取られているように見えるのは、どうやらイチモンジチョウ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カワガラスは滝壺下でダイビング、勇駒別川とピウケナイ川との水が混じってるところで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 写ってれば滝を背景に、エゾアジサイ。日差しは強いし、逆光だし、水は涸れかけてるし、前後を分け隔てなく、はむつかしい。その割には、って言いたいわけでは・・・。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 メスグロヒョウモン、翅の毛が青っぽく光ってる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 写っていないけど、左上から来るもう一羽のひながこのエサを頂戴していた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオワタノメイガ、ワタヌキノメイガと呼ばれていた連中がオオワタノメイガと呼ばれるようになったらしい、数年前に。どういう事情かトンと判らず。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 マメドクガ、ドクガと呼ばれても、幼虫は毒針を持たず、強い接触で軽く発赤するが、1時間以内に治るとか。やっぱしドクガなんだ。でも、成虫はそんなことしないらしい。マメが付いてるが、幼虫はマメ類以外の物もいろいろ食べるらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 フタホシキコケガ、全国に分布するが、そう多くはない、とか。 (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 21:06| Comment(4) | 忠別川

2016年06月12日

ダムから峠を越えて辺別川まで

 たまには少し長めに歩かないと、ダム湖を一周したいのだけれど、右岸道路が通行止めになっているから、できない。で、距離ならほぼ同じくらいのコースを歩いた。+9.1〜+25.4℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 忠別大橋から (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ダム吐水に虹、飛び交うイワツバメ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 シウリザクラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ウンモンテントウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 痛っ、クロキンメアブ♀。ヤマグチキンメアブというのとそっくりらしいが、どんなのかわからず。じっとしてるとまとわりついてくる、たくさんで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 旧道を振り返る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 新道と合流、ダム側を見る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 その反対側、しばらく歩いたら見えてきた、あの橋は辺別川にかかる辺別川橋。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 長屋、イワツバメの。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ニュウナイスズメ♀、湖岸道路のあちこちにも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ただこちらを気にしてるだけ。ハクセキレイ。後ろはダム湖水面。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キセキレイ、ダム堤体のロックヒル部分で。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:31| Comment(0) | 忠別川