2017年02月22日

大岩

 わりといい天気。天人峡入り口にある大岩(岸壁じゃなく、その上)へ。なだらかな混交林をトボトボと。−9.9〜−0.4℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 大きなオニグルミの立つ道を行く。この画像では振り返ってるけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ここのヤドリギもアカミヤドリギ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミズナラの殻斗はかき氷用。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 むこうは絶壁。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 あなたにあげる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カラの混群が一陣のつむじ風のごとく通り抜けていった。キバシリもご一緒に。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:05| Comment(0) | 忠別川

2017年01月04日

あの滝を見に

 ユコピの滝(私称)を見に。−9.2〜−3.5℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 表面は凍結、中では水流あり。対岸の柱状節理の崖の上から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 滝への道はすでに雪崩の道になっている。柔らかいから行けないことはないけれど、行くほどのことでもない、さ。で対岸に。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 深い針葉樹林(エゾマツ、トドマツ)に続く。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 作業道入り口で見たハシブトガラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 作業道入り口で見たゴジュウカラ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:19| Comment(0) | 忠別川

2016年11月02日

盤台沢川

 履き替えて以降、まともな雪道を走っていないから、冬タイヤのご機嫌伺いをしてみた。雪は忠別湖の畔にかかる幾つかの橋の上に残っているだけで、そこでブレーキを踏んだり発進してみたり。もちろん前後を見渡せるところで。よしんば滑っても欄干があるし。えっ。−1.5〜+3.1℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ピウケナイ川、夏の大雨の後、流路がいじられて、ちょっと興醒め。仕方ないけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 が、ミソサザイは変わらず忙しそう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カワガラスも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ユコピの滝は少しずつ凍ってきている。この下で勇駒別川にかかる橋のたもとが洗掘されたから、その補修工事をやっている。で、あまり近づけなかった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 で、盤台沢川に転進。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 突き当りに水力発電所の付随施設がある。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 これ。ここで引き返す。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 すぐ近くのオオイタドリの林からウソの声が聞こえた。この個体は♀? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 この個体は幼♂から成♂への変身中か。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミソサザイ、踏ん張る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 さえずらなかった。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:33| Comment(0) | 忠別川

2016年09月19日

ユコピの滝はちょっと変わった。

 最低気温は一桁に。+8.3〜+19.5℃。
 あの4つの台風の後、ユコピの滝(私称)はどうなったか、見に行った。勇駒別川に沿った滝までの道はところどころで護岸工事が行われている。滝の下で勇駒別川を渡る橋はたもとが洗掘されて、車両の通行はできなくなっている。奥の水力発電所へは別のルートがあるらしい。ピウケナイ川は川床の岩が流されて、どこまで行ったか、川はところどころで帯状に流れるようになっている。そこではカワガラスは留まれない。釣り人はポイントがわからなくなった、と嘆いていた。さて、ユコピの滝は?

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 下の画像と見比べると、滝は直線化して、より滝らしくなった。落ち口の流れが1本になった。途中の岩が剥離したのか、前報に跳ねなくなった、下の岩に当たっていたはず、それとも岩がずれた? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 去年の9月6日の様子。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾアジサイ (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 1羽が2羽になって、たとえ別種でも、眺めている方としてはなんとなくホッとする。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上と同じ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 飛んでる時にはあっちから近づいてくる。止まっている時には近づけないけど。 (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 21:10| Comment(2) | 忠別川

2016年08月28日

湖岸一周

 大岩川が忠別川に注ぐあたりは大きくえぐられている。源水は入口から奥への立ち入り禁止、(ユコピの)滝の様子は見に行けない。ピウケナイ川に掛かる橋(古い方)は橋の袂が抉られて、道路と橋が離れてる。ノカナンの林道では側溝が深くえぐられている。というようなことだった。+10.0〜+25.8℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 湖水はたっぷり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヤマハハコのような、カワラハハコのような。両者の分布が接するところでは中間型がある、というように記載する図鑑(日本の野生植物)もある。が、典型的なカワラハハコは北海道に分布するようでもなさそう。忠別川流域では確認されていないらしい。困ったものだね。ロックフィルの堤体で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハクセキレイにはもちろんどうでもいいことなんでしょ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 堤体近くのカラマツになにやらがまとわりつくようにしていた。大きな蛾のようでもあるけど、違うようでもある。もっと柔らかく飛んでいる。どうやらコウモリだ。なにコウモリか?、昼間でも飛ぶ? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 旭岳にかかる雲は剥がれない。湖水の色は濁り色、青空の色も映せない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾフウロ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 湖の水口。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 旭岳トンネル、ここを抜けるとダム管理支所はすぐそこだ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:47| Comment(2) | 忠別川