2013年02月27日

真冬日脱出

 くもり。−6.4〜+3.1℃。真冬日から一旦脱出。

 クルマの定期点検をしてもらったら、洗車もしてくれた。この気温、道路は雪融けでビチャビチャ。しぶきがバチャバチャ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 鬼斗牛山(キトウシ山)を望む。この冬、まだ行ってなかった。旭山から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 陸上自衛隊所属のヘリ(OH-6D カイユースというのかい)が旭川上空を何度も大きく旋回していた。ほぼ同じコースでここにも侵入。速い。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 正面向いて寝ていたように見えたが、雪塊の落ちる音に敏感に反応した。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 若木のカシワ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ゴマフアザラシ、息継ぎをする。旭山動物園の。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:38| Comment(0) | 未分類

2013年02月23日

出そびれた

 晴れたり降ったり。−9.4〜−5.2℃。

 出そびれるお天気をいいことに、出そびれた。
 りんゆう観光のツアー(札幌からの日帰りスノーシューコース)でわざわざ岐登牛山まで来るそうな。さすが、目の付け所が違いますねえ、なんて浮かれてるわけにもいかないな。静かな山が賑やかな山になる日も近い?、さてさて。どこだかから出版されてるスノーシューコースガイドには、鬼斗牛山(キトウシ山)はあるけれど、岐登牛山(キトウシ山)は含まれていない。よかったよかった、と思っていたが、さてさて。さてさて、こんなブログをやってて、自家撞着も甚だしいね。いやでも、普通に書けば、魅力いっぱいの山になってしまうからなあ。

 以下は昨日の続き、岐登牛山での出来事ではありません。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ヤマグワ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 葛藤 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 三十六計逃げるに如かず、ちょっと違う? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 この瞬間、悪魔の掌の上だということを忘れてる、たぶん。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 気配 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 レンズに気づいた、なんだ? (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:36| Comment(0) | 未分類

2013年01月21日

スキージャンプWC札幌大会2日目

 スキージャンプWC札幌大会2日目の様子。
 雪と風が勝手気ままに、当たり前だけど、降り、吹いて、競技の進行はその気まぐれに付き合わされて、予選は途中でキャンセル、予選落ちしそうな選手たちには福音、時々中断、強い向かい風で飛距離を伸ばしても、風効果による減点が大きく、順位は予測がつかない状態。とは言いながら、強い選手はそれなりに上位に来ていた。2戦ともオーストリア勢が上位にいない。
 きのう6位になった伊東大貴、きょうの1本目は2位、1位との得点差は0.9、鼻の頭にチョチョッと油をつければひっくり返る点差、会場は盛り上がりそうだった。順番が来て、伊東大貴がコールされても飛び出してこない、わたしのいた場所からは助走部のすべてが見えないので。スタート地点でのミスがあって、失格したらしい。波に乗りそうだったからちょっと心配だけど、まあ一層の活躍を期待することにしよう。
 公式リザルトはFISのHPでどうぞ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ナイターで行われたきのうと同じような暗さのなかでの幕開け。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 1位 Matura, Jan(Czech) 連勝。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 2位 Kranjec, Robert(Slovenia) きのうは3位。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 3位 Wank, Andreas(Germany) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 4位 Hilde, Tom(Norway) きのうは2位。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 5位 Stoch, Kamil(Poland) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 6位 Tepes, Jurij(Slovenia) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 雪が降りしきる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 こんな時間帯もあった。 (画像クリックで拡大)
 
 帰りに円山に登った。雪で、大倉山は見えなかった。

大雪山旭岳の麓に行こう

 上とほぼ同じ方面。左に見えそうなJRタワーが雪雲につつまれつつあり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 お手本を見せたげる、とでも言いたげなハシブトガラ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 00:20| Comment(0) | 未分類

2012年11月19日

今日の岐登牛山

 はれのちくもり。-5.5〜+1.6℃。ときどき突風。

 晴れたらものすごく明るくなりそうなタイミング。ところが、枝、梢、幹、みんなにベタ雪がくっついていて、たっぷりの光が差し込む、というようでもなかった。ときどき突風が吹いて、その雪がわさわさと落ちてきた。

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 林間キャンプ場 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 冬のコブシ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 落ちる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 シャリシャリシャリといい音を立てて囓っていた。なにを食べてるのかようわからぬ。まさかお米というわけではないと思うけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ジャンプ直後かつ直前。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 展望閣への道。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 南端展望台分岐から頂上への道。上のほうが雪は多い。スキー場最上部で20cmくらい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 黒岩山展望。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 17:49| Comment(2) | 未分類

2012年09月16日

今日の岐登牛山:ツール・ド・北海道2012

 くもり時々雨、朝方には強雨。+16.1〜+22.7℃。

 ツール・ド・北海道2012の第2ステージが岐登牛山の麓を通過していった。当麻町役場前から東川町役場前・志比内からグルっと回って白金温泉望岳台付近・吹上温泉・上富良野を経由して美瑛町丸山公園まで、159km、獲得標高差2,100m強。4時間ちょっとで着いてた。誰が誰で、なにがどうなってるのかさっぱりわからないけど、なんだかすごい。

大雪山旭岳の麓に行こう

 先行する(逃げを打つ)集団11名が見えてきた。と思ったら、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 もう角を曲がっていく。後続はまだ見えない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 大集団が見えてきた。下りで猛スピード。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 みるみる近づいてきた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 すごいすごい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 そんなに頑張ってるようには見えない。まだ序盤だもんね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 大集団があっという間に角を曲がって、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 もうあっちの角を曲がってる。この間300間(540m)。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 市街に向かって西4号道路を走り抜ける。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 高校生も頑張る。 (画像クリックで拡大)

おまけ
 岐登牛山は深いガスに包まれていた。

大雪山旭岳の麓に行こう

 アカゲラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ミヤマガマズミ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ハウチワカエデ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオウバユリ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾムラサキツツジ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾサンショウウオのミイラ? なんでこんなところにこんなのがあるのだろうか。展望閣の土台で。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:21| Comment(2) | 未分類