2014年05月26日

今日の岐登牛山

 +3.1〜+16.8℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 イチョウの雌花、いかにも裸子植物。胚珠先端にある珠孔まで花粉をどうやって運ばせるのだろう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 イチョウの雄花、雄しべだけの花。花粉を雌花までどうやって運ぶ? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 タンポポ畑のテングクワガタ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 クロアオカミキリモドキとニホンアマガエル。結局食べようとはしなかった。カミキリモドキの体液にはカンタリジンだか言う物質が含まれているそうで、ニンゲンの場合、それが皮膚につくと皮膚炎を起こすそうだけど、カエルならどうなんだろうか。口内炎になる? それで、食べようとしない? それを知ってる? 目は開けてじっと辛抱。 カミキリモドキにはなんでもないようだけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ゴマダラオトシブミはミズナラの葉で恋文作成中。葉切りは最終盤、最後の計測でもしている感じ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 「ヤマ」ネコ♂がマガモ♀のようなカモを追う。 (画像クリックで拡大)
<
posted by take_it_easy at 20:06| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
ゴマダラオトシブミの
葉切り現場
右前足で隙間をあけて
口で噛みきって
仕事しているんですね!
丸くかみきるのは
ゴマダラオトシブミではないようですね〜
うちの庭で仕事に精を出しているのは
誰だろう。
Posted by mulde at 2014年05月28日 08:38
muldeさん

オトシブミとかチョッキリとかは、
仕事現場の建材との結びつきがわりと固いようですから、
その建材の持ち主がわかれば見当がつくかもです。
わたしが、じゃなくて、web上でも探しやすいという意味ですけどね。
Posted by take_it_easy at 2014年05月28日 14:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。