2014年05月11日

忠別ダムからユコピの滝へ

 夏日の一日、忠別ダムの上を通って、左岸の道路経由(右岸の道路は通行止め)、(私称)ユコピの滝までの往復。+5.0〜+25.1℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 瀑布のような堂々たる水量。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 萌む。ダムの堤頂から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 忠別大橋から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ニュウナイスズメ、あちこちで啼く。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ウグイスもあちこちで啼く。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 変な虫が這っている、と近づいてみたら、アミメカワゲラのようだった。上忠別橋の欄干で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾムシクイもあちこちで啼いていた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 こんなところにも。エゾヒメギフチョウ。渇いているらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カワガラス。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 大雪山忠別湧水。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 小さな流れに沿って、エゾノリュウキンカ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヨブスマソウとキセキレイ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ダム堤頂の手すりにはいろんな小さなコウチュウがいた。これはいたなかでは最大級のヤナギハムシ。ほかの連中の名前は分かりかねた。 (画像クリックで拡大)
タグ:野草 トリ ムシ
posted by take_it_easy at 19:44| Comment(5) | 忠別川
この記事へのコメント
川の両岸のほわっとした緑の木々、何でしょう?いかにも萠むという感じですね。
カワガラスは成功したハンターの顔。あの虫は水中にいたのでしょうか。
Posted by JRobin at 2014年05月12日 17:33
JRobinさん

ヤマザクラとかヤナギの類だとか。
啄木の歌に
やわらかにやなぎあをめる北上の・・・ってありますけど、
その通りの景色だと思います。ただし、下の句とは一致しませんけれど。

川虫というやつでしょうか、カゲロウやカワゲラ、アミメカゲロウなどのある種の幼虫などがそうなのだとおもいます。
それだけではないと思いますけどね。あまり小魚は見ません。
Posted by take_it_easy at 2014年05月12日 18:09
いま、一瞬「やわらかに・・・」の世界ですね〜!
大雪山、残雪のゼブラ模様が日一日と変化して
初夏へ初夏へ・・・
このヒヨドリ、めんこく見える!
Posted by 旭川3sen6gouのまりあ at 2014年05月13日 17:29
「ヒヨドリ」は↑でした。
Posted by 旭川3sen6gouのまりあ at 2014年05月13日 17:31
旭川3sen6gouのまりあさん

この日、往きと還りで見比べる大雪山は結構違って見えました。
並べてみればよかったね。
元画像は捨てちゃったから、今回は再現できませんけれど。
Posted by take_it_easy at 2014年05月13日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。