2014年04月14日

三角点忠別峠

 残雪の道は日陰では固く凍りつき、日向では柔らかく溶け始めていた。まだら模様のようで、仕方なく、ずっと全制動で降りてきた。眩しい、暑い。−5.4〜+12.8℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 いやあ、お天気っていいもんですねえ。ただ、いつものようにはのんびりと構えていられなかったが。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヒガラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 林道脇の暗いところをチョコマカ。デジカメの威力。ミソサザイ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 この2本のミズナラ、この幹、どちらが太いか。胸高あたりで細引きを回してみると、奥のが405cm、手前のは410cmだった。ふーん。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 何してんのーって聞きに来たわけじゃないけれど。ゴジュウカラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 で、先に進もうとすると、真新しそうなデッカイ足あとが1列。遠くにオプタテシケが見える。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 進む方角が反対だからそう心配することもない。手袋のサイスはタテ22cmくらい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 でも帰りは同じ方角になる。尾根筋を降りるのもコワイし。コワイって、きょうの雪質だと、林間はわたしのスキーでは無理だから。と思っていたが、帰り、この足跡と交差することがなかった。あの尾根筋の方に回りこんでいったんだろう。でも、見たかったなあ、エゾヒグマを。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 往きとほぼ同じところにまだいた、ミソサザイ。真ん中のササを避ける余裕なし。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:22| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
こんばんわ。ご無沙汰しております。
ヒグマですか、この時期はやばいのではないでしょうか。
せたなの例もあるので、鈴を持っていても逆に呼び寄せる
ことになりませんでしょうか。
と言う私も夏山時は熊のいる山登っていますが・・・
愛くるしいシマエナガになかなか逢えませんが、どこかで巣作り
していますかね。
Posted by monta at 2014年04月14日 23:46
monta さま

たいていのヒグマは、鈴の音を聞いて、わざわざニンゲンに近づいてくるなんてありませぬ。
近づいてくるヤツがいたとしたら、鈴を鳴らさなくても近づいてくるでしょう。ニンゲンに恨みを持っていて、あるいはその結果、味をしめたヤツ、でも、そんなヤツはほぼいません。
やはり、鈴が遭遇防止の一番のてだてですよ。

シマエナガの巣作り、巣材を集めてますから、どこかあちこちでしてるでしょうね。どうぞ見つけてください。遠目に見守りましょう。
Posted by take_it_easy at 2014年04月15日 17:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。