2014年01月11日

今日の岐登牛山

 雪のち曇り一時吹雪。−11.0〜−7.5℃。

 木の枝に雪がたっぷり、ちょっとの日差し、強い風で、シャワーのように、時には枝を巻き込んでバリバリッと爆弾のように落ちてきた。なるべく危険の少なそうなところを選んで、避けられなさそうな場合には急いで、通りぬけてきた。なんかバカみたい、かも。

大雪山旭岳の麓に行こう

 きょうは人の来た気配なし。風強し。頂上で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 梁の裏側とか、板壁の隙間とかを突っついていた。こちらを気にしていないのかと思っていたが、見ている。シジュウカラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 すこし遠ざかって、やっぱし見ている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 あちこちで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツルアジサイに積もった雪も今にも。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:37| Comment(4) | 岐登牛山
この記事へのコメント
落ちてくる雪
固まってはいないんですよね。
枝は危ないぞなもし。
シジュウカラ
「餌をお持ちではないでしょうか・・・」かも。
Posted by mulde at 2014年01月11日 23:24


ゴジュウカラの動きのお株をとったような
シジュウカラの動きではないでしょうか!
かなりの吹雪のようでしたがお出かけだったのですね!
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2014年01月11日 23:31
muldeさん

固まっているのもありますから油断なりませぬ。
枝を巻き込むのはそういう場合です。

シジュウカラ、それはありませぬ。餌付けはしてませんから。
危険を感じてるんだと思います。
雪塊よりは安全だと思ってるんですけどね。
ここは夏には羊の住まい、冬はお留守で、冷えるがままの小屋です。
Posted by take_it_easy at 2014年01月12日 11:55
まりあさん

ちょっとそんな感じもしていますね。
頭を下にして垂壁を走り回るようでもありませんけどね。

この山では多少の吹雪は怖くないんです。
地吹雪の道路のほうがよほど怖いですから、億劫になります。
Posted by take_it_easy at 2014年01月12日 11:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。