2013年10月29日

今日の岐登牛山

 はれのちくもり。+6.3〜15.0℃。

 午前中は、日差しがあって、穏やかで暖かくて、スズメバチも動きが活発、越冬前のムシたちも、つい、うかうかと出歩いてしまうほど。で、きょうはカメムシ三昧。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アカヒメヘリカメムシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 セアカツノカメムシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アメリカオニアザミ。カメムシではないけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ヨツモンカメムシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 セグロベニモンツノカメムシの近縁種が妥当かも。似ていたり似ていなかったり、分類上もまだ定説はないんだそうな。最新情報には不案内。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 黒岩山の方。稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ハラビロマキバサシガメ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ウスイロヒラタナガカメムシ。体長4mmくらいの小さなヤツ。たくさんいて、そばを通るとカメムシ臭がするから気づく。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 キバラヘリカメムシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 五倍子 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 展望閣からの下り道で。秋は深まりゆく。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 どうやらミヤマキリガという種の一員らしい。ネット上で見つかった画像は数点。で、まるで見当違いかも。幼虫はシナノキの葉を食べて育つらしい。シナノキはいっぱいあるから。南端展望台で一緒になったご婦人の胸元に止まってきたヤツ。このとき、南端には総勢5人もいた。カメムシではないけど。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 22:43| Comment(0) | 岐登牛山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。