2013年10月04日

今日の岐登牛山

 ほぼ曇りに近い晴れ。小雨ぱらつく。+6.3〜+15.4℃。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオウバユリ。果皮は3裂、種子の重なりは4列。1列に何枚くらい種子があるのか、数えてみようとも思ったが、やめた。果皮に力を加えると、種子はポロポロ落ちる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 久し振りのトリさん。声はすれども姿は見えず状態が続いてた。カッコイイシジュウカラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ミヤマガマズミ。木の葉が風と戯れて、木漏れ日はちらちらあたる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 南端展望台からの十勝岳連峰など。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 イチイの実がいっぱい落ちてる。例年、落ちる前に食べていた連中はどこへ行っちゃったの? かわりに、ケブカスズメバチが数頭、自分のための食事をしていた。展望閣前のイチイ、採るなら気をつけて。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ケセラセラのケラ。駐車場を横断するつもりらしい。この前脚ででも、アスファルトは掘れなかろうに。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:58| Comment(4) | 岐登牛山
この記事へのコメント
ユリはユリ根で増えると思っていたのにビッシリと種子が詰まっているとは驚きです。
ケラは見た事のないめずらしい形をしてますね。背にかわいい羽が付いて、鎧は無いの、という感じです。
Posted by みつこ at 2013年10月05日 19:28

オオウバユリにも百合根はあります。
普通は百合根(鱗茎)を作って、それで殖えます。
この種子は、いっぱいできるけど、これ、全部発芽して生き残ったら、えらいこっちゃ。
で、種子での繁殖はあまりないのかも。詳細は知らん。
例えば花ユリなんかでも種子はできるし、鱗茎もできます。
花ユリなんて、品種がいっぱいありますけど、品種改良は種子ができるから可能なんです。(交雑とか交配とかいうやつですわ。) 殖やすのは鱗茎を使って、人工培養。

ケラのホームグラウンドは土の中ですから、
体の表面には細かい毛がびっしり生えていて、土汚れなんかがつきにくくなってるそうです。
毛が鎧の代わりというわけです。
可愛く見える翅は前翅です。
後翅は折りたたまれていて、飛ぶときには広げるらしい。で、ちゃんと飛びます。
Posted by take_it_easy at 2013年10月05日 20:00
詳しく教えてくれて有難う。感心しています。
Posted by みつこ at 2013年10月07日 09:21

どういたしまして。
Posted by take_it_easy at 2013年10月07日 15:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。