2013年09月28日

トリコローレ(赤〜白〜緑)

 快晴のち晴れ。下界では+4.2〜+20.7℃。

 トリコローレを楽しめるのは、今年はこの3日間だけ。銀泉台と高原温泉へのバス便がどちらも運行される日はこの3日間だけだから。高原温泉への便は超満員。銀泉台へは余裕だった。で、わりかし静かな赤岳だった。
 稜線上は冷たい風、が、汗ばむ日差し。きのう、強めの降霜があったらしく、赤い紅葉が茶色い紅葉に変化していた。

大雪山旭岳の麓に行こう

 払暁の大雪山。きょうはこの向こう側、朝日の当たる方に行く。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 霜柱が崩壊す。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 赤岳第一花園あたりの元紅葉。ニセイカウシュッペの山肌も同じように色づいていたらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ホシガラス。例年だとあちらでもこちらでも見かけるのだけれど、今年はこの1羽だけだった。見たのは、だけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 遠くにシマリス。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 旭岳と熊ヶ岳、白雲岳頂上から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 白雲岳頂上から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 白雲岳頂上からトムラウシ、オプタテシケ方面。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 北海道新聞が取材に、白雲岳上空で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 土壁を攀じ登ろうとして、この直後に墜落。ダイセツタカネフキバッタ♀。名前がすごい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ダイセツタカネフキバッタ♂。名前がすごい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 緑岳の傾斜と芝山尾根方面。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 緑岳頂上付近で、足元にエゾシマリス。きょう見た2頭目。2頭だけ。ナキウサギは声すらなく、どうしちゃったんだろう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 芝山尾根のチングルマ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 芝山尾根から緑岳方面を振り返る。。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 21:25| Comment(2) | 大雪山
この記事へのコメント
いいですねえ〜。
すごい景色、
ホシガラスも「よく来たね」とよろこんでいるような。
シマリス生き生き。こちらもナッキーみたいに敏速なんでしょうね。
Da da Muh!最高に愉快ですね。
チロル地方は方言が強いので
ただでも怪しい聞き取りがほぼ不可能に近いでーす!
Posted by mulde at 2013年09月30日 14:10
muldeさん

シマリスも速いです。が、止まってる時もありますから。
ナキウサギも速いです、が、目につくときは止まってる時、岩の隙間に入るときは一瞬で、目にもとまらぬ速さです。

DA DA MUH! お聴きくださいましたか。楽しい歌でしょ。
わたしなんかMUHしか解りません。
Posted by take_it_easy at 2013年09月30日 16:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。