2013年01月29日

三角点上岐登牛のある山

 晴れ一時小雪。−18.8〜−4.0℃。

 晴れ間を惜しんでいるが、惜しむらくは回復力不足。
 三角点上岐登牛のある山へ。北東側から、作業道を忠実に辿ってみた。スキーで直登するにはチトきつい。ラクだし、頭上が開けているから枝からの落雪に気を取られなくて済む。帰りの危険がほぼ無い。難点は距離が長くなること、地図上では位置を確認しにくいこと。が、感がガイドの山登り、いつもと一緒だ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 中程のトドマツ林を大きく縫っていつの間にか裏側に回りこんでほぼ頂上に至る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ほぼ全行程がトドマツの中。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 途中で、旭川21世紀の森、中鶴根山が見えた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 出発点も見えた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 裏側に回り込むあたりで振り返る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 頂上もトドマツ林の中。コガラが数羽、雪と戯る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 天直筆の手紙。暗号化はされていないけど、書家の手になる書は、こちらが修練しないと、とても読めるものではないな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 羊群 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:00| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
中鶴根山の写真 ナイスです!

あの展望台で、旭岳を見ながら何度かランチをしました。
Posted by 北の風だより at 2013年01月30日 20:51
北の風だよりさま

中鶴根山、道が見えるようでしょ。
いい思い出が散らばっているようですね。

わたしなんて、階段で、スズメバチがランチしているのを見たことがあります。
Posted by take_it_easy at 2013年01月30日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。