2013年01月25日

旭山(動物園)

 曇りのち雪。−8.5〜+3.0℃。

 真冬日は中断。雪が重たくなる。
 給餌のあった所でモデル撮影会のようなことをやっていた。黒い幕を背景に張って、ナナカマドかなんかの実付きの枝をあしらって、寄ってきたカラたちを撮る。いろいろ手を変え品を変え、楽しんでいらっしゃる。出来栄えは? わたしは横目で見ながらスルーです。

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾリス、跳ぶ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 クモガタガガンボ、這う。こんな厳寒期に這い出すなんて、と怪訝に思ったが、きょうはなんだか暖かい。コイツら、全身でこの暖かさを感じ取っているらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 動物園東口の脇から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾシカには白目があるらしい。流し目ができる、ということでもない? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アザラシ、いい湯だな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 帰りの途中で。ヒレンジャクが5羽。ほかはキレンジャク。ヤチダモのような高木のてっぺん付近で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ヒレンジャクは1羽。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:45| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント

 ヒレンジャク、わかります。お腹の色もポイントですね。なつかしいー。こちらでは、ヒレンジャクが普通です。みんな、美味しいナナカマドがいっぱいあるよ。ゆっくりしていってほしいです。我が家の窓から
「おはよう。」カーテンを開けてキレンジャクに挨拶していた日々。う〜〜〜〜〜〜。胸がいっぱいになります。

 大人気だったギンザンマシコ。きれいな姿を、たくさん・たくさん見せていただきました。ありがとうございました。まだ東川のどこかでおいしいご飯をたべていることでしょう。 

 寒い日々。たくさん楽しんでください。
毎日、楽しみにしています。

 では、また。
Posted by 元東川F at 2013年01月26日 20:09
元東川Fさん

頭しか見えなくても、尾羽根しか見えなくても、お腹しか見えなくても、キとヒとは見分けられますね。
ぼやっとした遠方の画像でも、お腹さえ見えれば、ですよね。
今シーズンは、ヒの割合が多めのようです。なんとなくそんな感じがします。

ギンザンマシコ、京都の比叡山にも現れたとか、大移動をしてる連中もいるようです。
そちらには現れてはいませんか、お近くにいるかもよ。

ことしは寒くて、雪が良く、スキーででもスノーシューででも、快適です。疲れが抜けにくくなってきていること以外はね。
Posted by take_it_easy at 2013年01月26日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。