2012年06月26日

苦行

 快晴。+9.6〜+28.3℃。

 午後7時半ころ、旭川方面、半面山の奥から火柱が上がったようだった。道道旭川旭岳温泉線の真ん中に立って、見た。

大雪山旭岳の麓に行こう

 サンピラー? (画像クリックで拡大)
 
 さて、きょうは、標高1,000mにも満たないところ。2山をはしごしようとおもって出かけたのだけれど、暑いの暑くないの、1山目で、ギブアップ。2,000m級に行っとけば、避暑にもなったろうに、何を好んで、と、自分でも、アホか、って言いたくなるほどに、きつかった。日は当たるし、風はないし。

大雪山旭岳の麓に行こう

 あそこに頂上はあるが、さらに延々と階段がつづく。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 降りる予定のコースに草刈りの人ふたり。登山口からずっと草刈機を操作し続け。すごい耐力。くそあついから、昼から休みにするそうでした。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 花の山も一段落。とはいえ、季節通りの花はあった。タニウツギ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 カンチコウゾリナ(たぶん)で吸蜜、春先から生きてきたんだろう、キアゲハ。新鮮な夏型に追われていた。ところで、このカンチコウゾリナ、尾根筋にたくさん咲いている。それを、登山用ポールで叩き倒し続けていたおじさんがいた。この山に慣れた感じの人。この花、なんか別の帰化植物なんだろうか、それとも、おっさん、なんか誤解してる? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 頂上への分岐点はもうすぐ。ヨツバシオガマと、上の黄色いのと、その他大勢(見えないけれど)。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 カラマツソウ (画像クリックで転換)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツツドリ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 頂上から (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 駐車場から登山口への舗装路を歩いていたコブスジアカガネオサムシ(というら名前らしい)。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 21:37| Comment(4) | 大雪山以外の山
この記事へのコメント
今時期サンピラーか。見たかった。朝刊が楽しみ。
本日、二千メートル級はしご。
旭岳→○○→間宮分岐→北海→もどって→中岳温泉で足湯
Posted by かめさん at 2012年06月26日 22:19
かめさんさま

これ、サンピラーなんでしょうかね。
サンピラーのようではありますけど。

二千メートル級はしごですか。すごい。
Posted by take_it_easy at 2012年06月26日 22:32
サンピラーなんでしょうか?すごいキレイ!!

神居尻山に行ってきたんですね。
今日は久しぶりにいいお天気でしたものね。
お疲れ様でした。
もう1山は、黄金山でしょうか?

私も、神居尻山に行った時には、黄金山をはしごしようと何度も思ったことがあります。
でもやったことはありません。
Posted by maya at 2012年06月26日 22:45
mayaさま

サンピラー、この世のものとは思えない、と大げさに思いました。

mayaさまの健脚ぶりなら、はしごは余裕だとおもいます。
わたしでも、2年前にはほぼ余裕でしたよ。
だいたい、どちらか一方だけでの遠出はなんかもったいない感じ。
今回も楽勝気分で出かけましたのに、
Cの登りに2時間10分かかり、Bの下りにも同じくらいかかっています。
これでは、ハシゴは無理です。だいたい、階段でぐったりですもんね。
Posted by take_it_easy at 2012年06月27日 17:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。