2012年05月17日

今日の岐登牛山

 くもりのちはれ。+7.5〜+17.7℃。

 着くころには晴れてくる、と、かってに思って、寒さを我慢していたのだけれど、ついに晴れてはくれなかった。帰り、道半ばで青空が広がってきて、汗ばむようになった。

大雪山旭岳の麓に行こう

 テングクワガタ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 コゲラ。手前は単なる被り。結果オーライということで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 テントを張ったなにものかにシウリザクラの葉が食われてる。(画像クリックで転換)こんなにたくさんのなにものかによって。

大雪山旭岳の麓に行こう

 手前の赤っぽいのはナツハゼ。稲積ピークで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオハナウドの慌て者が咲き出した。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 なにものか(オオルリ♀)が巣作り中。これも被っちゃった。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:27| Comment(6) | 岐登牛山
この記事へのコメント
こんばんは〜

何者か? って、マイマイガの幼虫ですか〜?
今年も大発生でしょうか?!

いや〜な季節ですよね〜
今頃から羽化する時期に入ってますから、彼方此方で観察会も良いかも?知れません?

マイマイガの糸は黄金の糸とか?(ヨーロッパでは)  ウッ!
Posted by モンタン at 2012年05月17日 21:48
モンタン さま

マイマイガですか。
もっと、模様は派手で、
毛はたくさんあって、いかにも毛虫で、
巣は作らない、のではなかったでしたっけ。

このたぐいは苦手ですか。
Posted by take_it_easy at 2012年05月17日 22:08
苦手というか、好きではないです。

マイマイガの駆除でビニール袋に100匹ほど捕まえた時は、粉ぽっくて嫌〜な気分でしたよ。

巣を作らないですよね〜
駆除方法に木の幹に白い布を巻き付けておくと、気味が悪いほど、集まってくると書いてありましたよ。

鳥の餌にはならないのでしょうか?
Posted by モンタン at 2012年05月19日 19:06
モンタン さま

駆除って、成虫のですね。
そりゃ粉っぽかったでしょう。

白い布に集まってくる、というのは、幼虫が、ですか、それとも成虫が、ですか。
これも、成虫かな、とおもいますけど。

幼虫は、そのほとんどが鳥に食われるのでは、とおもいます。
もし、幼虫全部が羽化したら、これは大変なことになりますよね。
Posted by take_it_easy at 2012年05月19日 19:55
こんばんは〜

白い布に集まってくるのは、幼虫です〜

6月下旬から7月中旬、成長した幼虫は日中に幹や地面に降りてきて、幹に白い布を巻いておくと、その隙間に集まり、そこでさなぎになるそうです。

集まったさなぎをまとめて防除という魂胆です。

なんまいだ、なんまいだ〜
Posted by モンタン at 2012年05月27日 22:22
モンタン さま

函館の赤松街道では、
冬の準備で、アカマツの幹にムシロを巻きつけています。
松くい虫かなんかが越冬のために集まってきて、潜りこむのだそうです。
春先に、それらを外して、焼いてしまうそうです。
これと同じようなことですか。

「白い」というのには、マイマイガに特有のなんか理由があるのでしょうか。
マイマイガの成虫は、確信はありませんけど、白いところによく留まっている感じがしました。

白い布は、何枚も何枚も重ね巻きをするようですね。
Posted by take_it_easy at 2012年05月27日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。