2011年10月06日

今日の岐登牛山

 くもり。+4.1〜+11.9℃。

 人の気配がなかった。曇ってるし、寒いし。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツタウルシじゃなくて、ツタ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アマヤドリバエ(雨宿りしてるハリバエの一種?) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピーク越しに、甘水山、鬼斗牛山方面、南端展望台から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アズキナシ、南端展望台で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ちょっと姿勢が安定しにくいところに乗っちゃった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ハシブトガラ、イチの実を見つめる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ゴジュウカラ、イチの実を見つめる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ちょっと失礼、おしりを上げて。アカゲラ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:57| Comment(6) | 岐登牛山
この記事へのコメント
紅葉したツタの画像は穏やかで何か優しいですね。みどり色の葉のなかに赤い実のある画像もやさしくて綺麗です。
日の射したカエデ」もみとれる程の美しさでした。光あればこそと感じます。
Posted by みつこ at 2011年10月07日 20:00

光あればこそ、です。
Posted by take_it_easy at 2011年10月07日 20:48
今日は、晴天に誘われて、旭川市街、大町、永山新川沿いサイクリンゴロード、桜岡、東川、東旭川(この辺は完全に迷っていいる(「五十〇にして惑う」))、忠別川サイクリングロードと彷徨ってきました。

永山新川沿いから正面の甘味山?を見て自由律詩。唄?
 甘味山 あなたにもひとつ 分けてあげたい

(BGMは明治チェルシーの唄
「歌いたくなるよな一日 あなたにも 分けてあげたい ほらチェルシー もひとつチェルシー」

リアルタイムで愛唱歌でした(1番と2番の歌詞とが入れ替わっているのをネットで発見)。
いろいろな人が歌ってましたが、記憶にある声のトーンは南沙織らしい。

さて如何でしょう。お分かりになりますか?
誰に親しみを感じますか?
かなり細かく年が分かりそうな気がするのですが。
Posted by もっちつ持たれつ at 2011年10月13日 20:19
もっちつ持たれつ さま

「明治チェルシーの唄」、残念ながら、覚えていません。

なかなかの健脚ぶりですね。けっこうな距離がありそうです。

ひょっとして、と、S舎Bさんのゲストブックを覗いて見ました。普段はチェックしておりません。
S舎BさんのHPとわたしの拙blogとはリンクしておりません、位相がちがいます、ので、連想はむつかしいのですよ。
Posted by take_it_easy at 2011年10月13日 21:54
「位相」ですか。私は使ったことがないし、私の周辺にも使う人はいそうもない言葉です。理科系?年齢差?
S舎も運営者は大分違いそうです。
ゲストの中で私のように頻繁に投稿する人間が位相を誤解させているのかも。少し控えよう。
話をもとに戻すと、貴ブログは読んで参考になる、楽しいので、「位相差」の観点からも、静かに以後も拝見していこうと思いました。
有難うございます。
Posted by もっちつ持たれつ at 2011年10月14日 08:32
もっちつ持たれつ さま

たいへんに、いいかげんなコメント返しをしてしまいました。すみません。

貴HNははじめて拝見しましたので、貴コメントの意図がつかめなかったのです。

S舎BさんのHPは、いわば公式であるのに対し、拙ブログは匿名の泡沫であります。
公式HPでのゲストブックの基調は、泡沫ブログへのコメントとの間には、一線があるように思います。どちらも、書き込むほうの勝手ではありますけどね。
そんなことを感じておりました。
Posted by take_it_easy at 2011年10月14日 15:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。