2011年08月31日

納涼:勇駒別川がピウケナイ川に落ちる滝しぶき

 くもり時々はれ。+17.7〜+26.4℃。

 蒸しそうで、涼を求めて、勇駒別川がピウケナイ川に落ちる滝のしぶきを浴びに行った。融雪を集めて落ちる豪壮さはないけれど、しぶきはちゃんと飛び散っていた。

大雪山旭岳の麓に行こう

 層雲峡の小函よりさらに小さな箱に入ったような、特小函。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 落口。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ミヤマタニタデ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 この道(北電管理道路)の最奥にある水力発電所。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 その取水口 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アイノミドリシジミ♀だといいんだけど。少年の頃、蝶好きの友人がヒサマツとか、アイノとか、あこがれのまなざしで話していたことを思い出す。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 カシワマイマイの交尾。ヨブスマソウの葉陰で。へえーっ、こんな格好で。圧倒的に小さいほうが♂、圧倒するのが♀。ことしはカシワマイマイの当たり年? スーパーに、「カシワマイマイ退治」と書かれて殺虫剤が山積み。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ハシブトガラ、この群に何度か遭遇。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 滝壺へ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:47| Comment(2) | 忠別川
この記事へのコメント
こちらはまだ日中30度を越えていますが、画像は涼しそう。
水しぶきは氷の針のように写りますね。
取水口は小石と小枝が少し、きれいですね。きっとおいしい水をいただけるでしよう。
Posted by みつこ at 2011年09月01日 19:27

きょうはこちらも30℃を超えました。

水しぶき、カメラのシャッタースピード次第で色々な表情になります。
肉眼はいつも動画になるから、なかなかこうは見えませんでしょう、きっと。
動体視力とやらが際立って優れた人にはどう見えるのか、見てみたいものですけど。

この取水口、水力発電のタービンを回すための水をとってるところだから、飲水ではありませんよ。
わが東川町は、上水道はなく、各家庭でポンプを設置して地下水を汲み上げています。
いわば、井戸水を生活用水にしているんです。
大雪山の西面への降水が、地下でさらに浄化され、それが我が口に入るんです。甘露甘露。カンロ飴もおいしいけど。
この上水道がなくても、ないほうがいい、というのが、東川町の一番のウリです。
わたしが東川町に住いしている一番の理由もそこにあります。
Posted by take_it_easy at 2011年09月01日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。