2011年07月14日

雨の日は雨

 あめ。+19〜+21℃くらい。

 庭に植えた1本のナツツバキ(シャラ)の木。花が咲いて、タネが落ちて、何本かの若木が育って、3本が生き残って、合計4本でたくさんの花を着けている。花の命は短くて、2日ほどで、ぼとりとおちる。そのうちのいくつかは結実し、落ちる。そのうちのいくつかは、きっと芽を出す。それが育てば、親子3代、めでたいなめでたいな。だけど、3代目はまだその兆候無し。


 2代目の。


 こちらの花の命は結構長い。ナントカウスユキソウ。エーデルワイスと書いてあったけど、まちがいのない本物は見たことないし、これが本物かもしれないし、そうでないかもしれないし。たぶん、近くて遠い関係なんだろうと思う。
posted by take_it_easy at 16:59| Comment(2) | 東川歳時記
この記事へのコメント


ナツツバキは雨の後などに特にたくさん、木の周りにぐるり〜っと落花していてドキっとしてしまいます・・。
今、真盛りですね〜!♪
4本もありますか〜!
花咲通りに街路樹になってます。

ウスユキソウ!
エゾウスユキソウって見てみたいものですが・・、不可能です。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2011年07月15日 05:50
まりあさま

落花、きょうなど、そのとおりの景色になってます。
4本ですけど、ちっちゃいものです。みんなが育ってくると、すぐに溢れてしまいます。

エゾウスユキソウ、不可能って?
礼文島桃岩付近でもお待ちしているそうですから、チャンスはあるかも。
Posted by take_it_easy at 2011年07月15日 16:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。