2011年07月12日

今日の岐登牛山

 はれ。夜半には強雨。+19〜+28℃くらい。

 アリスイのヒナはまだ巣穴の中に。


 夏風景、南端展望台から


 山道にころがっているホオノキの果実から、にょろりと立ち上がる。指で弾くと白い粉がふわあっと飛散する。ホソツクシタケ。まもなく黒くなる。


 ヒョウモンの類が数種、飛んだり留まったりしている。メスグロヒョウモンの♂。♀はどこ?


 ホオジロのあの夫婦の子たち。オオイタドリの海に浮かぶゆりかごもまたオオイタドリ。


 キヨスミウツボ。去年、教えていただいたときにはやや時機を失していたから、ちょっとだけ気をつけていると、去年あった辺りでたくさん出てきているのに気がついた。


 子育てするマエモンシデムシ♀。タヌキの溜めグソがゆりかご。(追記:子育ては子の幼虫時代、今いるのは、どうやら、ある種のダニらしい。20110714)


 ノシメトンボがでた。


 元祖ヒョウモンチョウ(だとおもう)。コヒョウモンとの区別は至難。だれか指南して。


 ウメガサソウ


 クルマユリ、開花予定数は7。


 コムラサキのさなぎがたいへん目立っている。
posted by take_it_easy at 21:36| Comment(0) | 岐登牛山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。