2011年07月09日

今日の岐登牛山

 くもり、一時はれ。+20〜+28℃くらい。

 既に巣立ったとおもったアリスイのヒナ、まだいた。先にウォッチなさっていたヒトによると、身を半分くらい乗り出して、いまにも飛び立ちそうな勢いだった、とか。しばらく見ていたが、引っ込んでしまって、昼寝の時間にでも入ったか。そろそろであることには間違いなさそう。明朝、早々だったら、間に合わないな。

大雪山旭岳の麓に行こう

 どうやったら、あんなにたくさんの獲物をくわえることができるのだろうか。いつも感心させられる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 あんなにたくさんを一口で (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 もっとーっ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ヒナは舌なめずり。すぐ横にいる2匹の毛虫には興味がないみたい。 (画像クリックで拡大)


 オオチドメ


 コムライシアブ。金毛が光る。


 ヒメジョオンとアトボシハムシ。左の触角を欠損。


 うすくなってもヤツボシハナカミキリ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 腰のペットボトルカバーで。結露が滲んだところで吸水。逃げようとはしないけど、カメラを向けると、こちらのからだがねじれて、キツイ。キバネセセリ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:50| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント


「アリスイってキツツキの仲間で、北海道には夏に渡ってくる」というような記述を見たのだけれど、こちらで子育てをするものもいるんですね。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2011年07月11日 08:39
まりあさま

夏に渡ってきて、繁殖する、というわけです。
たぶん、ふつうに夏鳥なんだとおもいます。

「北海道では平地で普通に繁殖し、本州北部でも繁殖例がある。・・・。秋冬には本州中部以南に移動」するんだそうです。フィールドガイド日本の野鳥(日本野鳥の会1982)によれば。
Posted by take_it_easy at 2011年07月11日 16:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。