2011年06月30日

今日の岐登牛山

 くもり。+18〜+23℃くらい。

 一縷の望みを持って、アリスイが営巣していた(る)木の近くに行ってみた。しばらくすると、黒いものがさっと穴に入り、ほどなく、フンのようなものをくわえた顔をだした。そして飛んでいった。しばらくして、エサをくわえた親鳥が入口の近くにとまって、入るのをためらっているようだった。どうやら、お邪魔ムシに気づいたらしい。で、退散してきた。


 フンのようなものをくわえて。


 ためらい、というより、いらだち。


 整うのを待つオニヤンマ。


 すっかりおとなしくなったエゾハルゼミ。この個体はもともとおとなしい♀。


 19個の紋が出なかったテントウムシ。


 セアカオサムシ。ヤフーのオークションに出ていた。


 シロヒトリ。野牛か。


 ワスレナグサ。
posted by take_it_easy at 20:36| Comment(4) | 岐登牛山
この記事へのコメント
シロヒトリって何者?
Posted by みつこ at 2011年07月02日 17:12

シロヒトリって、
毛深くて真っ白な翅をもつ、開帳6cmほど、胴体2cmほどのガです。
ヒトリガ(火取り蛾)、夜に、灯りなんかに集まってくる種類のガの一種です。
どアップにすると、おもしろいこともある。
Posted by take_it_easy at 2011年07月02日 20:14
解説ありがとう。蛾とはおもはなかった。
Posted by みつこ at 2011年07月07日 19:34

どういたしまして。
Posted by take_it_easy at 2011年07月07日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。