2011年06月16日

今日の岐登牛山

 はれまたは快晴。+11~+22℃くらい。

 こんなに天気がいいと、何時間でもつぶせる感じ、山中で。が、それでは脚がなまってしまう。

大雪山旭岳の麓に行こう

 頂上方面から近づいてくる。気付いているようにも見えるけど、さてどうだろうか。ほどよく近づいて、しばらくこちらを見ていて、急にきびすを返した。アバラが見えているけど、こんなもんだったっけね。 (画像クリックで拡大)


 下の方で咲いてたサイハイラン。


 キアゲハ。


 エゾユズリハの雄株と雄花。花の上側の葉っぱは新しく出たモノ、下の方は去年のモノ。去年のモノはこれから落ちるらしい。


 シオヤトンボも生殖のとき。この下に、産卵中のメスがいる。

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオイタドリを刈って積み上げたところで寝そべっていた大物のアオダイショウ。目測150cmはあった。頭を前後に小さく揺すっていた。 (画像クリックで拡大)


 アオバトが鳴いている。どこにいるのか、レンズ越しに探していたら、アカゲラが飛んだ。


 5mmくらいのゾウムシ。オオカメノキの葉っぱにいた。ハリセンボンとかハリネズミとか、ハリゾウムシっているのかweb検索してみたら、めずらしく、ヒットなし。


 4mmくらいの「ワタムシ」? オオバボダイジュのような木の幹を這っていた。この白いの、ボリューム感たっぷり。


 ハチのつもりで撮ったのだけど、ハナアブだった。虻蜂取らずじゃないよ。ややこしい名前、ムツボシハチモドキハナアブ。
posted by take_it_easy at 20:02| Comment(4) | 岐登牛山
この記事へのコメント
スグリゾウムシ属は日本に5種いるのですが、どれとは決めにくいですね。5mmというのも(境界線の)微妙なサイズです。
ワタムシの方は、トドノネオオワタムシ(いわゆるユキムシ)の有翅4齢幼虫かも。これからが移住の最盛期で、近くのヤチダモFraxinusの枝からたまたま移動して脱皮場所を探し中、なのだろうと思います。Fraxinusの縮葉部を眺めてみて下さいませ。
「ムツボシハチモドキ・・・・」は「札幌の昆虫」と違うと思ったら、むこうは雌で、こちらは雄ですな。
Posted by とりっP at 2011年06月16日 22:45
とりっP さま

スグリゾウムシ属ですか、もうちょっと探してみます。

オオバボダイジュとは大間違いで、あの木はヤチダモです。ただ、高木だから、葉っぱを見るのはツライかも。
Posted by take_it_easy at 2011年06月16日 23:06


植物も鳥も昆虫も、スゴイ膨大な、宇宙みたいな世界ですね〜!

わたしは怖ろしいので首を突っ込みませ〜ん。(笑

で、また不明がぞろぞろなのに記事にしてしまいました。
お暇なときに気が向きましたら教えてくださいませ! おねがいいたします!
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2011年06月18日 21:00
まりあさま

わたしの関心はお隣さんだけですよ。掛け値なしに。
いまさらまともに付き合うなんて、とうてい無茶だって、ちゃんとわかってます。

で、記事にしてしまう、これが泥沼への第一歩。
仲間が増えて嬉しいな。クモの糸のようなことはいたしませんから、どんどん撮って、どんどんupしましょう。
そのうち、名前くらい判るものもでてくるさ。
Posted by take_it_easy at 2011年06月18日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。