2011年05月22日

忠別川の支流で。ヒグマに見つかる。

 ほぼくもり。+9〜+14℃くらい。

 忠別川の支流を2ヶ所。
 1ヶ所目は、勇駒別川がピウケナイ川に落ちる滝を見に。
 2ヶ所目は、いつ行ってもヒグマの気配が濃厚な林道で感じる緊張感を味わいに、まさか。


 雪融けを集めて速し勇駒別。豪快に落ちる。水しぶきが画面を覆う。


 勇駒別川がピウケナイ川左岸に合する地点。


 この滝の落ち口付近でカワガラスがなんかしてた。


 この一帯は柱状節理。エゾムラサキツツジが咲く。


 転進。コゲラがなんか考えてる。対岸のササ藪でガサゴソと音がした。

大雪山旭岳の麓に行こう

 親子連れがこちらを見ている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 親のほうは、見ているんじゃなくて、睨んでいるような。木の幹を支えにして立ち上がってる。(画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 やっぱり睨みつけてる。こちらは睨みつけられてる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ホッ、視線をそらした。沢の対岸での対面、大願成就。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ホッとしたら、ホーホケキョ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:58| Comment(6) | 忠別川
この記事へのコメント
はじめまして!
ご近所さんのブログということもあり、いつも楽しく拝見させていただいております。
羆、すごいですネ(迫力!)。
当然、望遠で撮影されているんでしょうが、どのくらいの距離から撮られたのですか?
昨年、近所で羆の足あとが発見され大騒ぎしておりました。
http://oompa-de-loompa.blogspot.com/2010/06/blog-post_18.html
Posted by うんぱるんぱ at 2011年05月22日 19:42
うんぱるんぱ さま

距離
すごく近くに感じましたが、実際には50mくらいはあったでしょうか。
忠別川支流の源流に近いところですから、沢幅はそんなに広くはありませんが、ササの斜面はそこそこ急なんです。
ヒグマにしてみれば、その気になれば難なく越えてこれるとおもいますが。
貴ブログにある足跡、巨大ですねえ。雄の成獣でしょうか。
冬眠明けの足跡はよく見ますが、あんなにおおきなのはみたことありません。

ubuntuのときにコメントをいただきました。挫折して、win7に鞍替えしています。
Posted by take_it_easy at 2011年05月22日 20:16
ヒグマ、拡大すると迫力ありますね。安全ですか。気おつけて。
黄色や紅色のカエデの花、めずらしくてきれいで見入ってしまいました。カエデは緑色の葉と思っていましたから。
Posted by みつこ at 2011年05月22日 21:06

安全であるように振る舞ってますからご安心を。

カエデにもいろいろありますからね。
芽が出るときの色とか、秋に色づくときの色とか、種類によっていろいろです。
Posted by take_it_easy at 2011年05月22日 21:19


ついにやってくれました〜!!!
クマが出そうなところへお出かけされているかたなので、もし遭遇したら遠目にでいいから画像を・・とおねだりしたような気がします。
遠目どころか手が届きそうです。!
純粋野生のヒグマですね〜!♪
ありがと〜!!!
いつもヒグマを見て感じるのですが、強暴な野獣なのにスットボケタかわいい顔をしています?!
ご無事で何よりでした・・。
ご自分の心臓の音が聞こえたのではないですか〜!
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2011年05月23日 07:17
まりあさま

心臓の音なんか聞こえませんよ。  止まってましたから。

「おねだり」 おぼえています。お応えできて、よかった。
Posted by take_it_easy at 2011年05月23日 11:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。