2011年05月18日

旭山のエゾタヌキ

 高曇り。+6〜+18℃くらい。

 倉沼神社横から旭山越え。林道で、くつろぐエゾタヌキに出会、疲れがいっぺんに吹き飛んだ。アンテナ群から三角点旭山への途中に溜めグソがあるから、いそうな感じはしていたけれど、真っ昼間にしか行かないのに出会せるとは、なんたる僥倖。
 動物園の新しい施設、は虫類館にいってみた。アオダイショウとシマヘビの区別がいまいち得心できず、確かめようと。でもアオダイショウは見えなかった。シマヘビのひとみは楕円というよりまん丸だったのは意外。虹彩はなるほど赤かった。道新で出した爬虫類・両生類ハンディ図鑑でも、むつかしい場合もあるようなことが書かれている。
 帰り、向かい風が強、ただ歩いているだけなのに、へとへと。


 痒いらしい。

大雪山旭岳の麓に行こう

 こちらに気がついて、 (画像クリックで拡大)


 走って逃げた。けっこう早かった。


 と、すぐそばの薮からぼーとしたヤツがでてきた。

大雪山旭岳の麓に行こう

 やっぱり痒いらしくて掻いていた。 (画像クリックで拡大)


 先のヤツが逃げていった方から鳴き声が聞こえた。あとから出てきたヤツはやおら走り出した、のっそりと。
 どうやら先のヤツが♂で、あとのヤツが♀のようだ。反対かもしれないけど。

 おまけ
 あとのヤツのおしりとあしのうら。

大雪山旭岳の麓に行こう

 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:06| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント


たっぷりエゾタヌキとご対面でしたね!♪
餌ねだりをするほど人馴れはしていないようで、よかったかな。
エゾタヌキはガニ股ではなかったですか・・。(笑
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2011年05月19日 23:22
まりあさま

おもいがけずでした。
あまりニンゲンの歩きまわる場所ではありませんから、人慣れする間(ま)はないかもしれませんよ。
ほとんど後ろ向きでしたから、ちょっと残念ではありました。
つまり、がに股かどうか、確認する時間はたっぷりあったはずなんですが、問題意識がありませんでした。
画像をご覧になって、得心なさいました?
Posted by take_it_easy at 2011年05月20日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。