2011年05月15日

今日の岐登牛山

 くもりのちはれ。+1〜+11℃くらい。

 午後から好転、で、午後から岐登牛山へ。サクラの植樹地ではヒトが大勢。展望閣の駐車場もたくさんのクルマあり。


 新雪が降ったらしい。稲積ピークから。

大雪山旭岳の麓に行こう

 草葉の陰が哀しいのはニンゲンだけ。ヒメギフチョウには世代を繋ぐ希望のとりで。??? (画像クリックで拡大)


 湯気が上がりそう。


 稲積ピークでは、キアゲハとヒメアカタテハが陣取り合戦。どうやらヒメアカタテハに分があるらしい。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ヒメアカタテハがなぜこんな時期にここにいるのだろうか、どこで冬を越してきたんだろうか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 くつろぎのオオジシギ (画像クリックで拡大)


 エゾアザミテントウ。


 カタクリハムシ。いよいよコウチュウの出番がやってきた。


 カツラの雌花


 カツラの雄花 (気付くのがちょっとおくれた。)


 フデリンドウ

大雪山旭岳の麓に行こう

 芦別岳を借景する。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 21:08| Comment(4) | 岐登牛山
この記事へのコメント

このヒメギフチョウの卵が今年のうちに孵化して年越しをするのでしょうね。
産み終えるのを待って撮ったのですか〜!

ヘ〜、カツラの花ですか〜!
春紅葉をあらわす色の1つなのでしょうね!♪

お山に新雪でしたか。 天気予報、当たってたようです!
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2011年05月16日 05:51
まりあさま

ヒメギフの卵、すぐに孵化するでしょう。要チェックや。
そうです、産み終えるのを待ちました、でも、すぐでしたよ。

カツラの萌みがそうでしょうね。

新雪、天気予報通りでしたか、下界の雨はその通りでしたね。
Posted by take_it_easy at 2011年05月16日 16:52
ヒメアカタテハ、本当に何故この時期にいるのでしょう?
この辺では越冬できない、と思っていたのですが。
秋の蝶、というイメージを私は持っています。

↓の記事で触れられているナキイスカ、今年は道内色々な所で目撃されていると聞いています。
私も一度、お目にかかってみたいものです。
Posted by asahimame at 2011年05月16日 18:47
asahimameさま

不思議ですけど、どうみても越冬してきたようだし、そんなに遠くから飛んできたようではありませんし、
たしかなのは、こんな時期に岐登牛山の稲積ピークでキアゲハとバトルして、優位に立ってた、ということです。
この時期、去年までは、本種はいなかったから、稲積ピークはキアゲハの牙城でした。ことしは様変わり。
昨秋、けっこうたくさんいましたけど、なんか関係ある?かどうか、さっぱり、オテアゲです。

ナキイスカ、そうなんですか。チャンスだったんですね。まだいるかなあ。
Posted by take_it_easy at 2011年05月16日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。