2011年04月30日

あの尾根にあるエゾモモンガの巣は今?

 晴。+5〜+17℃くらい。

 風さえ強くなければ、は、ぜいたくというもの。
 あの尾根にあるエゾモモンガの巣を見に行った。真っ昼間だから、姿を見たいということじゃなくて、気配があるかないか、それが知りたくて、いまならササ藪を漕いでもダニはいないだろうから、いまのうち、というわけで。


 林道の行き詰まり近くにある水たまり、ことしもちゃんとエゾサンショウウオの卵があった。


 その水たまりのチョット先からヤブに突入のはずだったのに、なななんと、いちめん、伐採されてしまってた。冬の間に何回か、夕闇迫る頃に来ていた折、スキーの降りでいちばん手こずったところがみごとに開けていて、拍子抜け。来冬はいいかも。


 でも、その先では突入。


 雪が消えたら糞の山。


 巣穴の入り口には毛。「CSI」ならピンセットでつまむところだ。

 あまりの陽気に誘われて、岐登牛山へ。
 同じように彷徨いでてきた(にちがいない)知人数組に遭遇。

 キタコブシのつぼみがいっせいにほころび、ころび、じゃなかった、こぼれ落ちそう。


 キバナノアマナ


 ヒメギフを期待して歩いたが、飛んではいるが、いいところでは留まってくれず、代わりということでもないけど、エゾスジグロシロチョウの吸蜜シーンを見せてもらった。


 稲積ピークから。


 帰り、車に乗ろうとしたら、ズボンに留まっていた。カメラはしまってしまったし、で、いそがずゆっくりふたたび出して、間に合った。尾が2本で、体長は20mmくらいあって、カゲロウだから、オオフタオカゲロウということで納得。よくみると、左の複眼が破れて、なかから球体がはみ出ている。
posted by take_it_easy at 20:16| Comment(6) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
29日は花神楽に泊まり、通りがかりに見かけたカタクリ群落にひかれて、つい展望閣へ。11時ころに、「50歳代で首から500mmくらいのレンズをぶら下げ、お馴染みさんと立ち話をしてた」のが、ご本人だったのでしょうか? 歩き方は似てたのですが別人と思い、お声はかけませんでした。カタクリの葉っぱ食いの犯人を探したのですが見つからず。
 昼ころ、永山のMさん宅におじゃましてから、初めての旭山動物園に行ってみました。かなり空いていたようで、ほとんど並ばずに見て歩けました。蛇を見あげてる私の姿が、数日後の民放ニュースに1秒間ほど出ました。追っかけっこをしていたクマの子達がかわいかったですね。
Posted by とりっP at 2011年05月04日 12:18
とりっP さま

「50歳代で首から」はわたしかもしれませんね(汗)。
「500mmくらいのレンズ」はちがうかも。わたしのはもっと短い。それらしいレンズを持っている常連さんがひとりいらっしゃいますが、手におもちです、いつも。
で、わたしの可能性あり。気付けば良かったな。ざんねん。
は忠類館、楽しみにしています。連休が明けたら覗いてくるつもりです。
「カタクリの葉っぱ食い」の正体は見当がつきますか。あのあたり、カタクリハムシの成虫はよく見かけるところです。
Posted by take_it_easy at 2011年05月04日 14:05
灰色のレンズは300mmくらいだったのかも。
「カタクリの葉っぱ食い」の犯人は、1)縁から大きく食べた食痕であればヤガ類幼虫、2)中央部の古い食痕であればカタクリハムシ成虫かカタツムリ類が表面をかじり取ったのち、葉が成長して破れたもの、という想定です。1)を予測して枯葉をめくったのですが、被疑者不在でした。基本は現行犯逮捕なので、被疑者が近くに見つかれば尾行調査になりますね。
 ところで、駐車場から展望閣の間、道路左傍の常緑灌木に虫こぶとコナジラミ(葉うら)が。イヌツゲと思ったのですが、リストにないので戸惑ってます(花が咲かない?)。
Posted by とりっP at 2011年05月04日 15:07
とりっP さま
「カタクリの葉っぱ食い」、こんど見付けたらCSIをやってみましょう。
花托から先がない、つぼみの花弁を横から齧られた、葉の縁から大きく抉られている、といった様子です。
もう蛹になっているのでしょうかね、その場合、地面を探せばいいのでしょうか。わかるかなあ。

わたしのリストにないからといって、あそこにないとは限りませんよ、わたしに網羅できるわけがないっしょ。
イヌツゲはあるかもしれません、あったら花は着けるでしょう、♂か♀かは判りませんけど。
ハイイヌツゲだろうとおもっている灌木はあるようです。撮ってないだけです。
木とクモとキノコ、ハエ、シダ、コケなど、避けています。収拾がつかなくなりますから。
あの駐車場にはほとんど行きませんから、よくはわかりませんが、あるかもしれませんね。
Posted by take_it_easy at 2011年05月04日 16:42
「えぐり食い」は蛾類幼虫(特に幼虫越冬をしているモンヤガ類)のしわざと疑っています。蛹は多少なりとも土中に潜ると思うので、探索は無理かと。5月中くらいまでは幼虫でしょうから、今年中に本気で犯人を見つけたいのならば、暖かい夜にヘッドランプで食害観察という方法もありえます。
しかし、・・・・遠目にはいかにも怪しい行動ですねー。
Posted by とりっP at 2011年05月04日 18:01
とりっP さま

そこまでする気はありませんよ。
まあ、そこには他にニンゲンがいるとも思えませんから、怪しくてもいいんですけど。
思い出しました、だいたいショウブヨトウの幼虫でさえ見付けることが出来なかったんですよね。
またよろしく。
Posted by take_it_easy at 2011年05月04日 20:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。