2011年01月30日

エゾフクロウを訪ねる

 くもりときどきはれ。−13〜−4℃くらい。

 きょうはあまり歩かなくてもいいところに行こう。で、あそことあそこのエゾフクロウを見に。

 1ヶ所目。

 ジッとしていた。


 トリは賑わっていて、近くに来た1羽のゴジュウカラ、なんとなく、嘴の開き方がヘン。


 ちゃんと閉じているようでも、先が2本になっている。


 イスカ状態だ。不自由しているかしていないかは判りかねるが、生き抜いていることは確か。


 少しだけ歩いて、餌台のところに行ってみると、うわさの白い手袋ちゃんがいた。後ろから来た個体に追い出された。強弱関係と言うより、ビックリ関係のような気がする。


 シジュウカラの群れに追い出されて、慌ててわたしの頭上に。
 
 もう1ヶ所。ここでは良い天気。白い大砲が何基も立っていた。

 ここでもジッとしていた。どちらもご在宅で良かった。


 近くの給餌場に来るトリを撮った。飛び交う鳥たちを岐登牛山ではろくに撮れないけれど、ここではなんとか撮ることができた。ヤマガラ。この頭上にヒマワリの種が一杯入ったペットボトルがぶら下がっている。赤い実の着いた枝をくくりつけているカメラマンもいる。


 遠巻きに様子見をしているようなヤマゲラが諦めたかのかどうだか、飛んだ。多勢に無勢?
posted by take_it_easy at 18:46| Comment(0) | 旭川界隈
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。