2011年01月15日

FIS ジャンプワールドカップ札幌大会(第17戦)

 予想外の快晴、ナイターが終わりに近づいて、雪は降ってきた。懸念した風は競技進行を妨害するほどではなかった。
 不自由なPCからアクセスしているから、いまは速報のみ。多分、この速報で終わるでしょう。明日には明日の競技があるからさ。


 大倉山ジャンプ競技場には、円山頂上経由で行った。途中の尾根から見える大倉山シャンツェ。右下に、荒井山シャンツェ。


 試技が始まる前の様子。ずーっと北の方は黒雲に覆われて、荒れているような感じ。だが、札幌上空は抜けてる青空。16時少し前。


 優勝したFREUND Severin(GER)の2本目。2本目後半からだいぶ降ってきた。


 2位のMORGENSTERN Thomas(AUT)の2本目。頭を上げて前方を見る飛型が独特。現在、総合1位のイエローリブがかっこいい。


 3位のMALYSZ Adam(POL)の2本目。1本目1位だったけど、2本目で順位を落とした。




 人気もののOLLI Harri(FIN)の試技。今日が2326歳の誕生日だと紹介されていた、お祝いに画像を紹介。お祝いになってないとも思うけど、まあええやん。2本目で大失敗。沈没。彼の特徴、いつもいいところで躓く。先週の大倉山で開かれたコンチネンタルカップに出場していたから、居残りか。
posted by take_it_easy at 22:51| Comment(2) | スキージャンプ
この記事へのコメント
大雪山さん、今晩は!w杯来られていたんですね!私も観戦に行ってました!世界の選手のジャンプは綺麗でしたね!ファン歴ひょつこの私は、初めは選手皆さん同じように見えましたが、少し名前と顔が一致してくると、どんなジャンプなのか?面白くなってきます!チームJAPANは船木さんを始め、健闘しておられました!新しい点数方法が、まだ良くわからないですが、5ヶ所の風の平均とな?風で30点位引かれた選手もいたり、ビックリですね!お帰りは汽車でしたか?大雪でダイヤがストップしていましたが、無事帰宅されましたでしょうか?お疲れさまでした!
Posted by がんばp(^^)q at 2011年01月16日 20:56
がんばp(^^)q さま

観戦なさったのですか、おもしろかったでしょう。
点数はわかりませんねえ。遠くまで跳んだからといって、喜んでいられない、というのが、なんとも頼りない。アナウンスの青野さんも初体験なのでしょう、はじめのうちは、スタート地点のポイントを0点だと繰り返していましたもんね。
とにかく、中断が短くて、進行はスムーズになりました。こんなに早くに終わってしまって、ナイターのあとはらくでした。テストジャンパーはたいへんだったことでしょう。でも、いい経験、旭川のヤツも跳んでましたね。
きょうはたいへんでした。スーパーカムイが走ってないから、連泊覚悟、が、かろうじて、オホーツクが何十分かの遅れで発車と聞いて、すし詰めの中に乗り込んで、たどりつけました。
では。
Posted by take_it_easy at 2011年01月16日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。