2010年10月29日

望岳台へ

 くもり。もう少しよくなるかと思ったけど。

 白金ウグイス谷を通って望岳台に行こうと思ったが、だんだんと積雪が深くなり、不覚をとると捻挫しそうな地面になってきたから、ほんとうは始めっからどこで引き返そうかと考えていたのだけれど、引き返すことにした。
 反転してすぐに、足跡を追うように初老の紳士然としたご夫婦のような二人連れにお会いした。都会のビジネスマンがそのまま上がってきたというようないでたち。トレンチコートのようなコート、防寒の短靴。手ぶら、ポケットの中は判らないけど。わたしが何故引き返すことにしたか、その理由をちょっとだけ大袈裟に説明したが、もう少し行ってみる、と先に向かわれた。まさか。
 車で望岳台に上がって、ナキウサギポイントへ。ない、声も姿も足跡も。あの二人連れが気になって、ウグイス谷の入り口に行ってみた。下りてきた足跡が雪の上に残っていた。


 引き返し地点。


 ナキウサギポイント3への途中。


 ナキウサギポイント3に着いた。


 ナキウサギの代わりにクモガタガガンボのような虫を撮った。


 美瑛岳方面。
posted by take_it_easy at 18:41| Comment(2) | 大雪山以外の山
この記事へのコメント


やはり岐登牛山とは相当ちがう雪景色です。
ナキウサギは引きこもりでしたか〜。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2010年10月30日 04:39
まりあさま

標高が500mほど高く、1,000m近いですからね、さすがに様子は違いますよ。

ナキウサギは、生き抜く力を撓めているんでしょう、キッと。
Posted by take_it_easy at 2010年10月30日 18:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。