2010年09月30日

天人峡〜旭岳ビジターセンター往復

 ほぼくもり。+11〜+19℃くらい。

 天人峡と旭岳温泉とを結ぶ山道。途中のひょうたん沼を接点として、両側から片側だけはなんどかあるいてきたけど、通して歩いたことがなかった。で、歩いてきた。天人峡側の崖を縫うように付けられた道、覆い被さる草でずぶ濡れになるのを覚悟したけど、拍子抜け、峡谷台のちょっと手前まで、キレイに刈り分けられ、たいへん歩きやすくなっていた。迷いそうな所は赤テープでしっかり遮断。その先は苔むす古い径のまま。旭岳温泉のワサビ沼を目的地にしようと思って、案内図を確かめにビジターセンターに行った。どうも、遠回りを余儀なくされるようで、自然探勝路のクマゲラコースを経由して戻ってきた。ずっと雲が厚かったが、ひょうたん沼に近づく頃から日差しが当たるようになった。


 朝の山の様子(忠別大橋から)


 登りはじめだけ、手入れ不行き届きに見えるけれども。


 オオアカゲラ♀が頭振り振りイタヤカエデの幹を登る。


 崖を縫う径にはドングリがびっしり。ボールベアリングみたいで、油断禁物。


 ひょうたん沼。夏にはものすごい数の羽虫にまとわりつかれるところだけど、いまは静か。


 シマエナガの群れが近づきそうで近づかない。


 山道を抜け、クロカンコースに出たところにあったエゾノコンギク、けっこうな群落。


 旭岳温泉側の入り口近くにあるヒカリゴケ。


 束の間、日が差した。オガラバナの黄金色。


 オガラバナと・・・マツ(確かめ忘れ)。


 オオカメノキ独演。


 マイヅルソウの葉もきれい。


 かえりの峡谷台から忠別川源流部を望む。下方に敷島の滝。


 マミチャジナイ(たぶん)


 旭岳温泉まで5.5K 徒歩2時間30分
 軽登山コース
 ひょうたん沼コース2.5K 徒歩片道1時間 とある。
 いつもおもうのだけど、この看板を作ったひとはよほどの健脚だったんだなあ。


 ついでに羽衣の滝まで。途中、忠別川が白く細く力強く迸っていた。
posted by take_it_easy at 21:12| Comment(0) | 大雪山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。