2010年07月23日

今日の岐登牛山

 晴れ間多。+21〜+27℃くらい。

 きょうは常連さん5人とほぼ前後してお会いした。それぞれに、なんだか久しぶりの感じ。
 稲積神社神殿跡小ピークを越えた辺りの「ニセウの森」ゲートのあるあたりでササ刈り中。明日辺り、行事が予定されてる?


 ひさしぶりに、近くの陽の当たるところに出てきた。オオバボダイジュかなんかの葉っぱに隠れて足元が見えないのが残念。たぶん、幼鳥に近い若鳥。


 ミツバウツギの葉陰で羽化し、展翅中のエゾベニシタバ。2時間ほど経って、覗いた見たら、すでにいなかった。


 このカメムシの幼虫、3mmほどのちいさいヤツ。たまに見かけるが、氏素性が判らない。何齢かもわからないし、さっぱり判らない。


 スキーコース(ロッキー)の両側の緑が深くなって空間が狭くなった、ように感じる。東旭川の三角山。


 スジカミキリモドキとノラニンジン。


 木漏れ日が当たったアキカラマツ。

 おまけ。
 なにかがガラス窓の外から覗いている気配。覗いているわけではないのだろうけど。いまにもこちらにワープしてきそう。あまりみていると、今夜の夢が怖くなる。

posted by take_it_easy at 20:40| Comment(4) | 岐登牛山
この記事へのコメント
カメムシの幼虫:
 幼虫で名前が判る人はそうざらにはいないし、幼虫図鑑に載ってる種類も少ないはず。となると、カメオタクの集う「カメムシBBS」を訪問するのが確実で便利です(わりと親切なので客が多く、今は込み合っているようです)。
 サイトをご覧になってお判りのように、きれいな写真は少なめなので、投稿すると歓待してもらえると思います。ただし、サイト運営者としては、状況証拠として判定に利用でき、その種の生態情報ともなるので、少なくとも「撮影日、場所、大きさ、寄生植物名など」の情報を望んでいるはずですので、ご注意ください。こういうサイトでは、「少ない情報でも、答えて当然」という態度のイチゲンさんが来場して、ときおり問題になってます。
特に幼虫では、餌植物の付近にいたりするので、(吸汁を未確認でも)記録は重要です。たとえば「2010年7月23日、北海道東川町、体長約3mm、林縁のノラニンジンの花序にいた」くらいの表現でいいと思いますが。他に、個人的思い入れ・感想「庭でよく見かける、とってもきれい、とにかく臭い」などもよろしいかと。
 いつものように、チイサナシンセツ、オオキナオセワ。
Posted by とりっP at 2010年07月23日 21:59
とりっPさま

「カメムシBBS」、わたしはオタクではありませんから、なんとなく気が引けますよ。
Posted by take_it_easy at 2010年07月23日 22:37
こんばんは〜

モスラのアンテナ?

気味悪そうだけど、耳が良さそう!?

そろそろ、産卵の季節に突入しそうですか?
Posted by モンタン at 2010年07月24日 18:37
モンタンさま

感度は良さそうです、たしかに。

前脚の動きなんて、
いままさにガラスを通り抜けんとす、
のような感じがしました。

産卵に来たのでしょうかね。
Posted by take_it_easy at 2010年07月24日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。