2010年07月05日

今日の岐登牛山

 くもりのち晴。+18〜+27℃くらい。22時には20.1℃、涼しーっ。

 自転車を駐車場において、登って下りて戻って、乗ろうとしたら、後輪がぺったらこ。タイヤがだいぶ劣化していたから、裂けて、そこでチューブがはみ出してバーストしちゃったようで、しかたなく、とぼとぼと歩いて帰った。


 林間キャンプ場にはいると、2羽のカラスがちょっかいを出してくる。子育ては終わったんではないのかい。


 若いオニグルミの葉柄で、あっちへうろうろこっちへうろうろ、何とも愛くるしいムシ3種。おおきさもいる場所も、格好も、同じように見える、同種?異種?キミはいったいなんなのさ。
 追記)とりっPさんのコメントによると、「ホソアワフキ」というヤツのようです。翅の斑紋はいろいろだとか。(20100708)
 追記の訂正)さらに詳しく調べてくださって、3点ともアワフキムシではなく「ヨコバイ」のようだとの判断をいただきました。スネにトゲが多数あり、それが判断材料となるようです。とりっPさん、重ねて感謝します。(20010714)



 

 オニグルミがたわわになってきた。リスたちよ、よろこべ。


 アトジロサビカミキリというらしい。何かの都合でオオイタドリに。


 園地はブタナが圧倒。


 琥珀色のヤマザクラの樹脂。


 わりときれいな尺取り虫。
posted by take_it_easy at 22:58| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
キミはいったいなんなのさ:
図鑑のような背面図ではないのでグループの見当をつけにくいのですが、斑紋の変異が大きいことが知られる「ホソアワフキ」という候補はいかがでしょう。
Posted by とりっP at 2010年07月08日 11:56
とりっPさま

ご教示ありがとうございます。

「ホソアワフキ」
なるほど、といってもなんもわかってませんが、
sizeは6mmくらいで、あってます。
後翅付け根付近がなんとなく黒っぽいようにも(透けて)見えます。
斑紋の変異がおおきいということは、この3個体は同種とみて差し支えないと言うことですか。

ムシに名前を当てはめるなんて、大それたことだとは解っているのですが、
それにしてもまあ、わからぬことばかりです。
また、よろしくおねがいします。
Posted by take_it_easy at 2010年07月08日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。