2010年06月25日

ピウケナイ展望台

 晴れ。+15〜+27℃くらい。

 旭川市の最高峰、東川町、旭川市、上川町が接する、三国山とも言うべきピウケナイ山(二等三角点、日受内、1247.7m)に行けるとおもった。旭川峠から車道が続いていると、駐車場があり、その先1kmもない、と聞いて、夏は諦めていた、大雪山に最も近い展望台に行けるとおもった。チップを敷き詰められた歩道の終点には立派な展望台地が整備されていた。三角点の標識を探そうとしてみたが、頂上部は平坦で、ネマガリに覆われていて、さっぱり。どこにあるか見当もつかなかった。
 ピウケナイ展望台には行ってきた。ピウケナイ山に登ってきた、という気はしない。


 旭川峠から見る旭岳。


 車道(砂利道)終点の駐車場(多分、標高1,100mは超えている)からは、作業道の横に敷き詰められたチップの道が展望台へと連れて行ってくれる。


 アカエゾマツがダケカンバを抱え込んでいる。(ダケカンバがアカエゾマツに抱きしめられている。)


 どちらもなかなかの大木。


 展望台からの眺め。真正面をダケカンバの大木が塞ぐ。


 愛別岳の左、ニセイカウシュッペから天塩岳に連なる山並みが一望出来る。


 展望台から背中側の眺め。


 この平坦な部分で、歩けそうなところを探し回り、ササヤブを少し漕いだら、湿原状の場所に出た。


 帰りがけ、岐登牛山に寄ってきた。


 ムラサキツユクサ。この大胆な花、いままで気付かなかったのが不思議。


 キンヘリタマムシ。
 

 車道に沿って、勢いよく飛び去って、戻ってきて、留まれーと念じたら、留まった。留まったのはよいけれど、足元、近すぎる。オオイチモンジ。
posted by take_it_easy at 21:51| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント


へ〜、ピウケナイ山ですかぁ。
東旭川の東奥なんでしょうか・・。
この日、春光台からも大雪山がよく見えてました。
残雪がわずかになっているのがくっきりわかりますね。
標高があると、ミズバショウはやはり「夏の思い出」になるのですね〜!
ヒグマもいそうではありませんか?!
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2010年06月26日 07:02
まりあさま

ペーパンダムの奥ですから、東旭川の東奥になりますね。
旭山や岐登牛山でみかける痕跡を残すヒグマはそこら当たりを通って来るのでしょう。
当麻岳、沼の平、松仙園と、尾根続きですからね。
道路は、嵐山を抜ける砂利道くらい。歩道は、嵐山の散策路よりずっとラクです。

春光台で咲く時期とは、やはりだいぶズレますからね。やはりミズバショウは雪解けまもなくの花ですよね。
Posted by take_it_easy at 2010年06月26日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。