2010年06月02日

きょうはウラ岐登牛山など

 くもりのち晴。+7〜+20℃くらい。

 久しぶりにウラ岐登牛山に行こうと思い、そのまえに、あのエゾサンショウウオの卵はどうなっただろうか、見に行ってみた。


 広々としていた林道は、緑に覆われてきて、狭くなったような気がする。


 分岐があるごとに、さらに狭くなる。


 とうとう草で覆い尽くされた。が、道は道。ダニなんていないだろうと、多寡をくくる。


 あんなに清らかな池だったのに、雪解け水が無くなって、すっかり淀んでいた。あの卵塊、遠目に、なにがなんだか。

 降りて、ウラ岐登牛山に向かおうと思ったが、ここまで来たのだから、ちょっと遠回りして、旭川21世紀の森へ、中鶴根山(678m、標高差200m足らず、歩行距離1,200mほど)をなるべく早足で。
 

 ニリンソウの中を行く。


 頂上にある展望塔(高さ21m)が見えた。


 展望塔に登ると展望が開ける。


 岐登牛山脈の連なり。
 結局、のぼり30分、くだり20分かかった。

 で、ウラ岐登牛山へ。
 林道脇はオオイタドリが伸び上がっていて、地面近くはハルザキヤマガラシが帯をなして満開。そこに、ムシがいっぱい。


 アトボシハムシ、体長5mmほどのちっちゃいヤツ。


 (オオ)イタドリハムシ、体長1cm足らず。


 ケブカヒメヘリカメムシ、7mmくらい、わりとちっちゃい。体中、長毛だらけ。
posted by take_it_easy at 20:29| Comment(4) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
こんばんは。
ご無沙汰しています。
北海道も夏が近づいてきた感じですね。
写真のカメムシもやっぱり放屁は臭いのでしょか・・

話は変わりますが、実は、GW明けに10日程、大樹町に出張で行ってました。
Posted by あきお at 2010年06月03日 00:20
あきおさま

放屁したら臭いんだろうけどね。

カメムシ目の全てが臭腺をもってるわけではないようで、この類はどうでしょうね。

大樹町、なんか飛ばすの?
Posted by take_it_easy at 2010年06月03日 19:46

中鶴根山への木段のたくさんある道、遅めのニリンソウが豊富にありますネ〜!♪
ここは大雪山が見えていることを確かめてからでなければ、行く気になりません。(笑
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2010年06月04日 00:48
まりあさま

遅めのニリンソウ
ここの登りはじめは、岐登牛山の頂上くらいの高さからですから、ちょうどよいズレになるようです。
場所をひろげた垂直分布を楽しむ、というところでしょうか。

確かめたつもりで、さて、頂上ではなにも見えなかった、とか、その逆だとか、一筋縄では参りませんデス。
まあ、楽しみ方はいろいろですよね。
Posted by take_it_easy at 2010年06月04日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。