2010年05月29日

黄金山

 早朝はくもり、のち予報どおりに晴れ、快晴。

 卓球の世界選手権、つい引き込まれる。

 ちょっと遅くなったけど、早春を求めて黄金山へ。


 国道451号をはしって日本海に向かっていくと、この怪異な姿が眼にはいる。国道からの標高差700m。


 しばらくはなだらかな登り。まずはエゾイチゲ。


 ウグイスにも春の訪れ。


 フギレオオバキスミレ


 オオサクラソウは、急斜面の上まで分布。


 シラネアオイがいっぱい。


 超急傾斜のトラバース。旧道の核心部。


 前衛峰にでてきたニホントカゲ。


 前衛峰からみた頂上部


H.Ochi

 頂上から北の眺め


 イワキンバイ?


 ムラサキヤシオはこれから


 サンカヨウはちらほら

「山開き」は明日30日。
posted by take_it_easy at 23:35| Comment(2) | 大雪山以外の山
この記事へのコメント


山の生き物(動物&植物)が豊富だから黄金山?!
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2010年06月02日 10:50
まりあさま

黄金色の花がいっぱい、だから。
たしかに、見栄えのする花がたくさんありますねえ。
それが黄金の価値に匹敵する、なんてことは・・・。



マジレスしますと、
かつて、和人がふもとの沢に砂金採りに入ったのだそうで、その沢を黄金沢、山を黄金山と呼ぶようになった、のだとか。
Posted by take_it_easy at 2010年06月02日 17:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。