2010年05月10日

マダニはきらい

 くもりのち、昼に向かってぐんぐん晴れる。+1〜+13℃くらい。

 近郊のとある場所。


 こんな作業道を歩いていくと、


 小さな流れがせき止められて、小さな池が出来ていた。


 水は清らか、倒木になにやらモヤッとしたものが引っ掛かっている。


 コイル状の卵のう、エゾサンショウウオのもののような気がする。親らしいヤツらの影はなし。が、卵を見に来たわけではないよ。


 作業道の終点。あのピークを越えるとすぐ先に目的地はある。なんとなくいやな感じ、なるべく下草の薄いところをのぼる。しかし、2,3歩進んだだけなのに、


 これが3匹、ズボンにくっついた。わたし、これ、だいっきらい。べつに行かなくてもいいや。で、ここで撤退。

 天気もいいから、岐登牛山に転進。
 カタクリの花弁はおおむね色が褪せてきた。トリたちは囀りながら樹間を飛び交う。高いところで。


 イカル。かなりのトリミング。


 ミヤマスミレ、花弁がなにものかに齧られている。


H.Ochi

 足元をカサコソ、すばやくはしる。なにがどこに?
posted by take_it_easy at 20:40| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント


お、カナチョロちゃん、エゾサンちゃん、健在。
ついでにダニちゃんも・・!?
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2010年05月11日 06:18
まりあさま

ダニ、
生態系への影響などあろうがなかろうが、
特定在来生物にでも指定していただいて、
ぜひ、
撲滅運動をしたいただけないかなあ、
などど思ってしまいます。
Posted by take_it_easy at 2010年05月11日 17:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。