2009年10月24日

音江連山

 あさは霧と雲、山中では晴れたり曇ったり、下は雲海(霧)、下山したあとは快晴。登山日和。

 雪が来る前に、神居尻にしようか、黄金山にしようか、今日はCS2、近くの音江連山にした。分岐から音江山への道はネマガリ(チシマザサ)が刈られて、大変歩きやすくなっている。が、この刈り倒されたササに不用意に乗っかると、転倒、大変危険。刈られる前は、押しやった稈の跳ね返りに苦しめられ、刈られた後は、気疲れ。なかなか油断のならない山だ。
 分岐から無名山を経て沖里河山に向かう道は、爽やかな風通しの尾根歩き、快適。沖里河山から登り口の鳩ノ湯廃墟まではさわやかな晩秋の林道歩き。いい気持ち。


 分岐を過ぎて、音江山頂上を見る。


 堂々の一等三角点。岐登牛山と同じように標石はササに囲まれている。
 この基準点名は「入霧月峰(イルムケップ)」と言うそうだ。795.40m。現イルムケップ山にあるのは三等三角点「三又山」で864.26m。このコース上には三等三角点がもう1箇所、沖里河山にある「沖里河山」で801.57m。現音江連山と現イルムケップ山を総じて、かつてはイルムケップと呼んでいたのだろう。今でも? 沖里河山の麓でも「イルムの・・・」であったり、現イルムケップ山の登山口がある赤平のほうに「エルムの・・・」があったりすることもなんとなく納得。
 前回(去年の10月)来たときにはあった質素な頂上(山名)標識はなくなっていて(どなたかかに聞いたことがあるような)、字の消えた板が標柱の側に置かれていた。


 頂上で背伸びして見る無名山(奥)。


 音江山の下りから見る沖里河山。


 沖里河山から見る音江山。


 沖里河山から見る無名山からの斜面。


 林道を歩いていると、たくさんのツグミが騒ぎ立てた。
posted by take_it_easy at 20:45| Comment(4) | 大雪山以外の山
この記事へのコメント
今日はいい天気でしたよね〜
音江山に登られたんですか〜
今日は娘の学習発表会で昼過ぎまで学校でした。
昼からは、滝川までドライブです。
登りたいが、家族サービスが優先です〜。
別のパーティーにも逢いませんでしたか?
Posted by モンタン at 2009年10月24日 22:21
モンタンさま

クルマは鳩の湯登山口に2台+1台、沖里河山の階段下に2台。
音江山の下りで登ってくるおふたり、この方達は剣山の登りで追い抜いてきた方達。
無名山への登りで4人(旭川の方達)、この方達とはほぼ同時に登りはじめた。音江山はパス、林道歩きはいやだけど、とおっしゃっていました。
無名山と沖里河山とのあいだで、沖里河山から来た単独とおふたりと。
お会いしたのはこれだけ。こんなに沢山の方達とであったのは、初めてでした。
神居尻辺りは大賑わいだったろうと思います、この季節のこのお天気ですからね。
家族サービスで登られては如何。
貴blogで健脚振りを拝見していますが、何かの行事のときは音江山には行かれなかったのでしたか。
Posted by take_it_easy at 2009年10月24日 22:39
おはようございます
かなり前に登った事が幾度かありますが、深川に戻ってからは、音江山山頂には立っていません。
分岐でチョット50m程様子伺いはしましたけど……
いずれ登るでしょう〜
Posted by モンタン at 2009年10月25日 10:36
モンタンさま

いずれ登るでしょう〜

きっとそうでしょう。
Posted by take_it_easy at 2009年10月25日 15:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。