2009年08月15日

堤防散歩

 あめのちくもりのちはれのちくもり。+18.0〜+24.3℃くらい。

 忠別川の堤防では虫の声が盛ん。アスファルトにもいろいろなバッタが出てきてキョトンとしている。法面はアカクローバの花盛り。河川敷の堤防に近いところではオオハンゴンソウとオオアワダチソウの黄色がつよい。河川敷の流れに近い砂利原では、カワラハハコ?が霞んだように一面を覆っている。


 



 堤防の南の外側、水田との境の辺りでは、何羽かのホオアカが囀っている。

posted by take_it_easy at 19:41| Comment(2) | 忠別川
この記事へのコメント
このごろ、空港や就実方面へ行き来するのに彫刻像のある「とうしんばし」をよく通ります。
「しびないばし」を通ることもあり、忠別川の様子が少しわかります。
カワラハハコは葉や茎が銀緑色に見えるのが特徴的な姿だと思います・・。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2009年08月16日 10:42
まりあさま

 「カワラハハコは葉や茎が銀緑色に見えるのが特徴的な姿だと思います・・。」

そうですね。くもりの日など、それが霞んでみえるような気がします。

ついでで恐縮ですが、
わたしの常用する図鑑には、「典型的なものはまだ見たことがない」とか、「典型的なものは見たことがない、今後さらに調査する必要がある」などと書かれています。
どちらも「北海道・・・」です。
この亜種(または変種)の特徴は、葉の幅が1.5mm前後ということだそうで、この忠別川のものはさて、どうなのか。
素人が決めつけるにはちょっと大胆すぎるかなともおもいますが、ヤマハハコには見えませんし、中間型だというのは面白くないし、河原にあるし、葉はそこそこ狭いし、で、カワラハハコということにしました。
でも、栄養不足でこうなっているのかもしれません。
カワラハハコ? ということに訂正しておきます。(冷や汗ものです。)
Posted by take_it_easy at 2009年08月16日 19:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。