2009年06月26日

今日の岐登牛山

 晴れまたは快晴、夕方には雷雨。+16.6〜+27.6℃くらい。今日も暑かった。

 ヒョウモンチョウの類が出始めているが、暑いせいで体温も上がってるのか、やけに元気よく、勢いよく飛び、休もうとしない。休んでもほんのいっとき。これじゃ、撮れないよ。


 ナワシロイチゴ


 ウラジロエゾイチゴ


 チシマアザミの葉陰で、ゴルフ場を設計しているのかもしれないエゾアザミテントウ


 ちょっと疲れた、そろそろさようなら、とでも言いたげな、ウスバシロチョウ。「ephemeral」は多年生の植物にではなく、このような動物たちにこそ似つかわしいのだと思う。 「いや、まだまだだ。」


 幼鳥(ハシブトガラ)の好奇心にたじたじの親鳥(ヒガラ)、のように見えた。
 

 母鳥(ニュウナイスズメ)と親鳥(ヒガラ)は理解し合い、無関心、のように見えた。


 クマイザサ群落の一角で花が咲く。この中でチッチッと声がする、姿は見えぬ。


 ブタナ(白はシロクローバ)、コウリンタンポポと我が世の「夏」を競ってる。まもなく冠毛を被ったタネを放出。明るいところが好きなんです。
posted by take_it_easy at 20:09| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント


ことし、コウリンタンポポの蔓延を感じてます。
すごい勢いです・・。

花をとらえたスポットライトがいい景色!
ホントは木洩れ日をとらえた花なのでしょうが・・。(笑)

あのしゃしん,10月中旬までものようですね〜!
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2009年06月26日 21:22
まりあさま

コウリンタンポポ、花の下を見ると、ロゼットがびっしりです。そのうち自滅していきそうな気がするくらいに。

まじめにいうと、
花は動かず、木漏れ日は動き、ニンゲンは待つことが出来る、とこのようなことです。
やはり、木漏れ日が花を捉える、花もそれを待つ、のでしょう。

あのしゃしん、そうなんです。
メイゲツカエデが燃え立つころ、まだあのしゃしんはそこにあるのです。
Posted by take_it_easy at 2009年06月26日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。