2009年06月24日

姿見往復

 くもり。麓は晴れたかも。+16.5〜+24.7℃くらい。姿見は寒かった。

 暑くなると言うので、涼しいところに行こうと、姿見に行った。天女が原コースは所々道に雪が詰まっていて、油断すると踏み抜く。油断しなくても踏み抜く。油断して踏み抜いたときはショックが大きい。
 登りはじめてまもなく、下りてくる二人連れ、いくつか雪渓を越えているうちにコースが判らなくなって、引き返してきた、と。判りにくい時期だわな。
 下りはじめてしばらくして、同年配の人がひとり、大きな荷を背負って登ってこられた。昼過ぎていて、どこまでいらっしゃるおつもりか。いぶかしくおもいながら、挨拶だけ交わした。下の入山記録簿を見ると、わたしと同い年、大阪は豊中からお見え、なんと、5日間で十勝岳までの予定になっている。参った。


 天女が原の前後はこんな様子だった。


 要所に赤いテープ、ありすぎるところも。これでは間違いようがないとおもうけど、あの人達は見逃したのかなあ。1箇所だけ長い雪渓の途中に夏道が現れているところがある。そこでかなあ。


 秋には涸れている。いまはほとばしる。


 姿見園地に入る手前から姿見、頂上方面をのぞむ。

 以下、今日咲いていた植物たち。 
コミヤマカタバミ
 
ツバメオモト

サンカヨウ

ムラサキヤシオ

ミズバショウ

キバナシャクナゲ
posted by take_it_easy at 20:39| Comment(6) | 大雪山
この記事へのコメント
わぁ、下から見えるとおり、まだ残雪がありますネ〜!
それが今時景色で、いい風景なのかも・・・。
花もいろいろあって・・。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2009年06月25日 08:00
まりあさま

これで日が差せば、雪と常緑のコントラストがすごいことになるんですよ。
花は、もちろん他にもいろいろ咲いておりました。暗くて風が強くて、花たちに申し訳なく、で、お見せしていません。
Posted by take_it_easy at 2009年06月25日 22:14
姿見、夏を感じない場所がまだあるのですね。山の姿が素敵です。
白い花々も楚々として涼しげで素敵。実際の大きさはわからないのですけれど。
Posted by mitsuko at 2009年06月27日 17:07
山の雪は、去年と比べると、少し多めだとか。行っておきたいコースがいくつかあるのだけど、もう少し溶けるまで様子見をしています。

いちばんおおきなのがミズバショウで、小さいヤツでも白い苞の上下20cmはあります。
いちばん小さいのはコミヤマカタバミ、花の直径1cmくらい。これは草丈にしてもいちばん小さい。
草丈がいちばんおおきなのはサンカヨウ、50cmくらいはある。
あかいムラサキヤシオはちゃんとした木、ツツジの。

植物の名前は見れてますか?
マウスカーソルを画像の上に置くと表示されるはず。されなければ、そこで右クリックして、プロパティだかなんだかを選択するとなんか出てくると思う。
Posted by take_it_easy at 2009年06月27日 18:38
ありがとう。してみます。
Posted by みつこ at 2009年07月02日 10:12

見れた?
Posted by take_it_easy at 2009年07月02日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。