2009年06月01日

今日の岐登牛山

 くもりのちあめ。+10.0〜+18.3℃くらい。

 エゾハルゼミの声ばかり。鳴き始めは懐かしいが、旬になるとうるさく感じてしまう。すまんね。


 シウリザクラが咲き始めている。


 ヒメウスバシロチョウ、典型的な♀が見当たらない。


 5〜6mmくらいのガ、クルマバソウと。


 ナントカツツジとミヤマカラスアゲハ。強度に剪定されて、花の数が激減。あてがはずれた?


 羽化してまだそれほど経っていないはずなのに、どうしたの? ツバメシジミ♀。


 南端展望台への道と頂上への道とが分岐するところ。南端への道も拡張されており(昔、道を整備したときにはこの幅があったのかもしれない。)、オクエゾサイシンやユキザサなどが草刈機で散らかった。残念ながらそこにあったヒメギフチョウが産卵していたオクエゾもなくなった(観察中のものは別の場所で無事)。くもの巣に悩まされることが少なくなったような気がする、これはありがたい。
 コースの終点には「ご鑑賞有難うございました。」の看板がたてられている。つい苦笑してしまう。
 この看板など、写真展が済んだら片付けるんだよね。


 稲積神社神殿跡小ピーク東側に出来た階段。このアングルのカドを丸めておかないとけが人が出るかもよ。
posted by take_it_easy at 20:35| Comment(6) | 岐登牛山
この記事へのコメント
階段の角、見れば見るほど危険な香りが漂いますね…

ツツジとアゲハの写真、何だかとても素敵です。

もうセミの鳴く季節なのですか?
下界(建物の中で仕事してる)ではイマイチ季節感がないんですよね…
Posted by リリノミ at 2009年06月01日 21:18
リリノミさま

季節感がない?
このまえのサクラの写真、けっこういけてたよ。
Posted by take_it_easy at 2009年06月01日 23:05
お久しぶり〜
アングルの角、怖すぎですね!
必ず怪我します、通行禁止かな〜

他に方法は無かったのだろうか?
かなり、疑問でした!
Posted by モンタン at 2009年06月02日 09:53
モンタンさま

音江連山にはいらっしゃいましたか。
そろそろタケノコがわんさかでるでしょう。

あの地盤はとても固いんだろうと思います。それに抗って打ち込むとなるとアングルが安くて強くてよかったのでしょう。
はともかく、せめてカドは落とすべきだとおもいます。
Posted by take_it_easy at 2009年06月02日 20:35


ツバメシジミ(先日教えていただき覚えました〜)の翅、ひどい傷みようです。
チョウも人生いろいろで・・・。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2009年06月03日 12:25
まりあさま

こころがけて、見ると、いろんなのがいます。
触角が片方だけだとか、
脚が1本なかったり、
堅そうな羽が歪んでたり、
ムシも大変そうです。
Posted by take_it_easy at 2009年06月03日 15:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。