2009年04月17日

今日の岐登牛山:ニリンソウが咲いた

 晴れ。+0.1〜+11.1℃くらい。風が強く、冷たく、向かって歩くと抵抗を感じる。

 カタクリとエゾエンゴサクのコラボレーションはもう少しでたけなわになる。散歩道になるゴーカートコースに散り敷いた枯れ枝や落ち葉を取り除く作業が行われていた。
 

 ニリンソウが咲いた。まだほんのはしりだけれど。


 エゾリスは警戒心をつよめている。遠く離れているつもりだけれど、それ以上に遠ざかる。


 ビロウドツリアブ、針のような口吻は蜜を吸う道具なのだそうな。


 咲いているカタクリを背景に、と、粘ってみたが、そうは問屋が卸さない。


 平野の雪はすっかり無くなった。ビニールハウスでは、イネの育苗が始まっている。


 稲積神社神殿跡小ピークの奥も残る雪はあと僅か。
posted by take_it_easy at 18:15| Comment(4) | 岐登牛山
この記事へのコメント
リスはすばっしこいですね。
とぶように走るのですね。
いつも、いっぴきですが群れはいないのですか。
Posted by みつこ at 2009年04月18日 16:11

すばしっこいというか、すばしっこいのだけれど、すごく元気、という感じです。

群れる習性はないようです。
この冬、最多で4頭を同時に見ました。が、群れているのではなく、たまたま食べ物があっただけ、けんかしなくてもよいくらいに。
ひょっとすると、身内?だったかもしれませんが。
2頭で追いかけっこ(のように見える行動)をすることがあります。
3〜4月ころは発情期らしく、2頭がほぼいっしょにいるときもあります。
育児は、雄は関知せず、雌がするようですが、その時は数頭が一緒になります。しかし、生長するにつれ独立するのでしょう。
このブログにも2頭いっしょの写真は何回か掲載していますから、見てください。
「エゾリス」でブログ内を検索してみてください。
Posted by take_it_easy at 2009年04月18日 20:29
上から見た町の風景、少し前の雪が残る景色と違ってずいぶん春らしくなり驚きました。
そう、4月も後半ですものね。

「エゾリス」で検索ですね。
知人にも連絡させていただきます。
なかなか会えないので、感想を聞きそびれております。
Posted by にゃん at 2009年04月19日 10:37
にゃんさま

エゾリスの画像
「岐登牛山彩々」の動物のところにも多数曝していますので、どうぞごらんになってください。
Posted by take_it_easy at 2009年04月19日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。