2009年03月22日

第10回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 2/4:競技

 第10回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会(HS134、K120)

 成績が速報される電光掲示板、女子組が終わると、これがなぜがすぐ消灯された。メモ代わりに撮っているのだが、ブレーキングトラックで山田いずみ選手が観客の声援に応えているのを見ているほんのちょっとの隙に消えて真っ暗。

 女子組
 この試合で引退する山田いずみ選手が群を抜いた成績。追いすがるべき渡瀬あゆみ選手が捻挫で欠場。世界選手権代表組の若手、伊藤有希選手、竹田歩佳選手は今回は今一歩。竹田選手は公開練習で激しく転倒、けれども、元気に本戦出場。結局、年齢の上から三選手が表彰台へ。

1.山田いずみ(神戸クリニック)   116.0m 111.5m  203.0pt
2.金井理恵子(北野建設)      107.0m  99.5m  159.7pt 
3.葛西賀子(日本空調サービス)  102.0m  100.0m  150.6pt


 山田選手の1本目(最長不倒)


 金井選手の2本目


 葛西選手の2本目


 2本目を飛び終えて、観客の声援に応える山田選手

 男子組
 国内戦で無敵を誇り、WCに復帰して、11シーズン振りに優勝を遂げた最年長岡部孝信選手がまたしても優勝。2位には、これもWCで堂々の1位を経験してきた湯本史寿選手が入った。3位には今シーズン成長著しい遠藤秀治選手。4位にはコンバインドの加藤大平選手(世界選手権団体優勝メンバー)。WC残留組もほぼ健闘しており、来シーズンも楽しみ。

1.岡部孝信(雪印)                  129.0m 129.5m  264.3pt
2.湯本史寿(東京美装)               119.5m 127.0m  238.2pt
3.遠藤秀治(日大)                  115.5m 113.0m  202.3pt
4.加藤大平(サッポロノルディックスキークラブ)            201.4pt
5.高橋大斗(土屋ホーム)                        198.8pt
6.坂野幸夫(雪印)                            198.3pt


 岡部選手


 湯本選手


 遠藤選手


 ノイズチーム、声援す。


 全ての競技を終えた。
posted by take_it_easy at 18:10| Comment(0) | スキージャンプ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。