2009年02月20日

スキーノルディック世界選手権女子ジャンプ

 FISのLIVEを見てしまった。
 文字だけだから、実際にはどんなジャンプだったかは判らない。踏切時のスピード、飛距離、飛型点がほぼリアルタイムに表示されるから、多少は臨場感があって、一喜一憂できる。

 上位4選手は2本とも強く、安定していたようだ。VAN選手が2本目に最長不倒を出して、逆転優勝。IRASCHKO選手は試技で抜群の飛距離を出していたが、表彰台には届かなかった。実力者のSAGEN選手はきちんと3位。
 渡瀬選手が2本目K点越え、なんとか10位を確保。1本目12位、2本目で順位を上げた。伊藤選手は、今回これくらいの飛距離で妥当なところかな。山田選手の2本目は、近年見たことも聞いたこともない大失敗、たぶんお天気のせいではない。積もる思いに縛られたのかな。しばらくは腑抜けになるだろうけど、また力強いジャンプを見せてくれるでしょう。もうしばらくは葛西選手や金井選手とともに女子ジャンプ選手をリードしていただかないとね。伊藤選手も竹田選手もジュニア選手権世代、これからこれから。

1 VAN Lindsey(USA)      89.0m 97.5m 243.0pt
2 GRAESSLER Ulrike(GER)   93.5  93.0  239.0
3 SAGEN Anette (NOR)     93.5  94.0  238.5
4 IRASCHKO Daniela(AUT)   89.0  91.0  228.0

10 WATASE Ayumi(JPN)    76.5  90.5  197.5
17 ITOH Yuuki(JPN)       74.5  75.5  157.5
21 TAKEDA Ayuka(JPN)     64.5  75.0  130.5
25 YAMADA Izumi(JPN)     71.0  59.5  114.0
posted by take_it_easy at 20:47| Comment(0) | スキージャンプ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。