2009年02月02日

FIS World Cup Ski Jumping in Sapporo 2009_19th (2/2)

ワールドカップ第19戦観戦記のつづき

 暗い中で、ファインダーをのぞいてばかりで、結局ナマのジャンプ姿を見ていないような気がする。


1位 SCHLIERENZAUER


2位 MORGENSTERN、顔で空気を受け止める。


 制動中のモルギー


3位 LOITZL


5位 渡瀬雄太、予選組(予選はなかったが)トップに与えられる「きょうの男」に輝く。


12位 最年長、岡部孝信、試技ではK点を超えていたので、まだやれる。次戦に期待。ただ、身体のねじれが2本ともに見られたのが気になる。


原田コーチがコンディションをチェック、ついでに、渡瀬の順番で応援団に大きな声を出せとハッパをかけていた。大きな声の出るのが意外な感じ、ぇっ。


15位 湯本史寿


 表彰式、シュリーは1990年生まれ、モルギーは1988年生まれ、並んでみるとオッサンにみえるがロイツルは1980年生まれ、それがどうした、なんだけど。


 1本目と2本目の間に、がりがりのランディングバーンを整備する。けっこうおっかなそう。


 トライアルのシュリー


 トライアルのアマン


 トライアルのモルギー、やっぱり顔で空気を受け止める。
posted by take_it_easy at 21:37| Comment(0) | スキージャンプ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。