2009年01月26日

今日の岐登牛山

 雪が降ったり止んだり、日が射したり翳ったり。−17.7〜−5.7℃くらい。

 日が射したタイミングで、ベニヒワとマヒワの混群が低いところでカラマツの実を貪っているところに出くわした。これまでにも大群が高い梢のてっぺん付近に集まっているのはよく見かけたが、決まって曇天だった。しかしまあ、よく動き回ること。(「岐登牛山彩々」に画像を多数up)
 山の東面は、ゆるんで凍って、その上に新雪が乗って、シールを着けて歩くのは大変快調、シールをはずして滑るのはすこぶる不調。


 東面に柔らかい冬の日差し


 ベニヒワ♂


 ベニヒワ♀


 マヒワ♂


 点描されたかのようなナントカマツ


 日本時間の今朝、スキージャンプWC第18戦バンクーバー大会があった。

 Schlierenzauer (AUT)がすごい。149.0mはウィスラーのバッケンレコードだって。去年のWC札幌大会で見たMorgenstern (AUT)もすごかったが、今週末からのWC札幌大会では彼が主役か。
 葛西選手も岡部選手もよくやっているようだが、なかなか届かない。第17戦は多少風が気まぐれに上位選手を味方したそうだが。伊東選手はけっこうコンスタントにポイントを稼いでいる。栃本選手や湯本選手も慣れない台で大変なことだろう。週末は慣れた大倉山、さて、どんなことに。
 
1. Gregor Schlierenzauer (AUT)      137.5m  149.0m   293.2
2. Thomas Morgenstern (AUT)      140.5m  141.0m   291.7
3. Ville Larinto (FIN)             137.0m  149.0m   272.3
12. 葛西紀明 (土屋ホーム)         129.5m  125.0m   238.6
13. 岡部孝信 (雪印)             131.0m  125.5m   236.7
21. 渡瀬雄太 (雪印)             118.5m  131.5m   224.5
26. 伊東大貴 (サッポロスキッド)      118.5m  121.0m   204.6
38. 栃本翔平 (雪印)             113.0m          87.4
42. 湯本史寿 (東京美装)          110.0m          78.0
posted by take_it_easy at 18:37| Comment(2) | 岐登牛山+スキージャンプ
この記事へのコメント

昨日はいろんな野鳥が見られましたね。
街なかでもナナカマドに群がっているのをいろいろ見ましたよ。
岐登牛では、やはりラクヨーを分け合っているのですね〜!
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2009年01月27日 08:30
まりあさま

 ナナカマドにはレンジャクですか。
 撮って置きなさいましたか。お聞きするまでもないこと、か、な。

 ヒワの類は、カラマツでもたかーい梢に陣取っていました。食べ尽くしたのでしょうか、昨日辺りから、下がってきました。大群に押し寄せられると、さすがのエゾリスも多勢に無勢と言うところです。
Posted by take_it_easy at 2009年01月27日 15:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。